市場ニュース

戻る
2015年11月26日08時07分

【市況】基本こう着だが瞬間的に2万円を捉えてくる可能性も/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 25日のNY市場は上昇。欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測が拡大し、欧州株が全面高となった流れを受け、買いが先行。感謝祭を明日に控えて閑散取引となる中、週間新規失業保険申請件数が堅調な水準で推移したほか、10月耐久財受注が予想を上振れた一方、10月の個人消費や新築住宅販売件数が予想を下回り、売り買いが交錯する展開となった。ダウ平均は1.20ドル高の17813.39、ナスダックは13.34ポイント高の5116.14。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円高の19930円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から買いが先行することになろう。ただし、海外勢のフローが限られるなか、19900円を挟んでの狭いレンジ取引になりそうである。とは言え、薄商いの中では先物での短期的な商いに振らされやすい面もある。下値の堅さが意識されている需給状況をからは、瞬間的に2万円を捉えてくる可能性もありそうだ。日経平均は上昇する5日線が支持線として機能している。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジが続いており、このところは+1σに沿った動きである。+2σは20240円辺りまで上昇してきており、+1σから放れてくるかが注目される。19850-20050円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 20050円-下限 19850円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均