市場ニュース

戻る
2015年11月05日20時21分

【市況】<株式トピックス>=かんぽ生命、早くも初押し狙いが話題に

 前日の4日に新規上場した日本郵政<6178>、かんぽ生命保険<7181>、ゆうちょ銀行<7182>の郵政3社は5日もそろって堅調な株価推移となった。
 5日の終値は、それぞれ日本郵政=前日比60円(3.41%)高の1820円、かんぽ生命=同460円(13.41%)高の3890円、ゆうちょ銀=同104円(同6.22%)高の1775円となった。
 きのうに引き続いて異彩を放ったのがかんぽ生命。後場寄り付き直後には、一時前日比690円高の4120円と、ストップ値幅(700円)まであと10円と寸前まで買い進まれる場面もあった。
 強烈人気が継続している背景について、市場関係者からは「“買うから上がる、上がるから買う”の需給相場となっている。高配当利回りや低PBRなどファンダメンタルズ面での魅力は既に吹き飛んでしまっている。ここからの注目点は、いったん上昇が止まった後に、どの水準まで株価下がるのかだ」と、早くも初押し狙いの話題が出ているほどだ。
 ちなみに、かんぽ生命のPBRは1.18倍に上昇、配当利回りは1.43%に低下している。(冨田康夫)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均