市場ニュース

戻る
2015年10月30日19時58分

【市況】<株式トピックス>=中国一人っ子政策撤廃で紙おむつ関連にぎわう

 きょうの株式市場で話題となったのは、「中国の一人っ子政策の撤廃」だ。中国共産党の重要会議、第18期中央委員会第5回全体会(5中全会)は29日、4日間の討議を終え閉幕した。
そのなかで、中国政府は全ての夫婦に2人までの子供を産むことを認め、夫婦に子供は原則1人までと定めた国策「一人っ子政策」の完全廃止を決定した。世界最大の人口を持つ中国で1979年から続いた独自の産児制限は、36年で終止符を打つことになった。
 これを受けて東京株式市場では、出産増加思惑により、中国でも売れ行き好調な紙おむつ需要の拡大を期待した買いが入り、ピジョン<7956>が大幅高したのをはじめ、ユニ・チャーム<8113>、花王<4452>など紙おむつ関連が軒並み買われた。また、紙おむつの原材料となる高吸水性樹脂を手掛ける三洋化成工業<4471>、日本触媒<4114>、住友精化<4008>や、紙おむつ製造機を手掛ける瑞光<6279>などにも物色は波及した。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均