市場ニュース

戻る
2015年10月23日13時53分

【材料】カルナバイオサイエンス---愛媛大学と新規治療標的分子の探索とその臨床応用を目的とした共同研究契約締結

カルナバイオ 【日足】
多機能チャートへ
カルナバイオ 【日中足】


カルナバイオサイエンス<4572>は22日、国立大学法人愛媛大学大学院医学研究科生化学・分子遺伝学分野、プロテオサイエンスセンター・細胞増殖・腫瘍制御部(東山繁樹教授)と、新規治療標的分子の探索とその臨床応用を目的とした共同研究契約を締結したと発表。

愛媛大学プロテオサイエンスセンターの東山教授は、ある特定のタンパク質の機能が破綻することによって引き起こされる細胞特性の変化及び各種疾患との関連性の解析に取り組んでいる。

同社は、東山教授がこれまで培ってきた研究の成果に基づき、当該タンパク質に関する新たな機能や多様性の意義の解析および当該タンパク質の機能欠失が引き起こす病態を明らかにすることを目的とした共同研究を進めていく。これらの機能と病態との関連を明らかにすることができれば、新たな創薬ターゲットの同定も可能となり、従来にない新しい切り口の画期的な治療法の開発にも繋がると期待されている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均