市場ニュース

戻る

【決算】フクダ電、今期最終を11%上方修正・3期ぶり最高益更新へ

フクダ電 【日足】
多機能チャートへ
フクダ電 【日中足】
 フクダ電子 <6960> [JQ] が1月31日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終利益は前年同期比43.2%増の69.3億円に拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の75億円→83.3億円(前期は73.6億円)に11.1%上方修正し、増益率が1.8%増→13.1%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終利益も従来予想の28.2億円→36.5億円(前年同期は38.7億円)に29.6%増額し、減益率が27.2%減→5.6%減に縮小する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結最終利益は前年同期比66.9%増の22.6億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の8.3%→10.1%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 連結子会社(株式会社日本ステントテクノロジー)の清算結了に伴う税負担の軽減により、平成29年3月期の連結当期純利益は前回公表した予想値を上回る見通しとなりました。※ご注意 上記業績予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因により予想数値と異なる可能性があります。 尚、今後 業績予想の修正が必要と»続く

日経平均