市場ニュース

戻る
2016年11月07日15時00分

【決算】DMG森精機、今期最終を一転赤字に下方修正

DMG森精機 【日足】
多機能チャートへ
DMG森精機 【日中足】
 DMG森精機 <6141> が11月7日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。16年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結最終損益は18.7億円の赤字となった。
 併せて、通期の同損益を従来予想の145億円の黒字→80億円の赤字に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結最終損益も従来予想の137億円の黒字→87.2億円の赤字に減額し、一転して赤字計算になる。

 ※15年12月期(9ヵ月決算)が決算期変更のため、前年同期に同じ期間がない場合は前年同期との比較を表記していません。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成28年12月期の連結業績予想については、主に円高に伴う為替の影響に加え、欧州における太陽光発電等のエネルギービジネスからの撤退や千葉、スイス、フランス、上海等の生産拠点の最適化に向けた統廃合など過去の負の遺産一掃に関わる損失、及び重複した組織の見直しに伴う人員整理や会社の清算に関わる損失などを合わせた損失見込額約130億円(当該損失に係る税効果は考慮»続く

日経平均