銘柄ニュース

戻る
2017年07月06日15時34分

フジミインコが次世代航空機エンジン用「セラミック複合材料」実用化に向けた共同研究を開始

 フジミインコーポレーテッド<5384>がこの日の取引終了後、京都大学エネルギー理工学研究所檜木達也准教授と、次世代航空機エンジン用SiC/SiC複合材料「セラミック複合材料(CMC)」の実用化に向けて共同研究を開始したと発表した。

 檜木准教授は、従来のSiC/SiC複合材料に比べて耐熱性と生産性に優れたSiC/SiC複合材料を世界に先駆けて開発しているが、今回の共同研究では、フジミインコが半導体業界で長年培ってきた超精密研磨材の製造技術を提供し、共同で次世代航空機エンジン用SiC/SiC複合材料の実用化に向けた開発、事業化を目指すのが狙い。同社では今年4月に先端技術研究所を設立し、社外研究機関との連携を活発化させているが、今回の共同研究はその活動の一環としている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均