9706 日本空港ビルデング 東証1 14:10
4,100円
前日比
-50 (-1.20%)
比較される銘柄: 空港施設三井不菱地所
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
37.4 2.67 0.88 0.72

銘柄ニュース

戻る
2015年11月26日12時22分

日空ビルが続落、米系大手証券は中期成長力は株価に十分織り込まれていないと指摘

 日本空港ビルデング<9706>が3日続落。マイナススタートとなり、寄り付いた後も売りが優勢の展開。株価は約2カ月ぶりに25日移動平均線を下回っている。
 モルガン・スタンレーMUFG証券では、羽田国際線の成長力(未使用枠の就航、新たな発着枠拡大)や空港型市中免税店などの中期成長力は、株価に十分織り込まれていないと指摘。高バリュエーションは、羽田空港への参入障壁の高さと潜在成長力の高さが支えるとみて、レーティング「オーバーウエイト」を継続。目標株価は7800円から7600円に調整している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均