9025 鴻池運輸 東証1 15:00
1,930円
前日比
+31 (+1.63%)
比較される銘柄: 丸和運機関アルプス物流福山運
業績: 今期予想
陸運業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.9 1.11 1.87 0.60

銘柄ニュース

戻る
2018年05月17日08時00分

鴻池運輸---18/3期は増収営業増益、過去営業最高益を更新。新規取引の獲得や取扱業務の増加などが収益拡大に寄与


鴻池運輸<9025>は15日、2018年3月期通期連結決算を発表した。売上高が前期比7.1%増の2,767.61億円、営業利益が同8.2%増の110.67億円、経常利益が同7.6%増の115.36億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同3.7%減の70.42億円となった。

複合ソリューション事業では、売上高が前期比7.7%増の1,920.65億円、セグメント利益は同4.3%増の140.14億円となった。鉄鋼関連分野や食品関連分野が堅調に推移した。また空港関連分野における新規連結会社や、メディカル関連分野での病院事業の増加が寄与した。

国内物流事業は、売上高が前期比1.9%増の490.28億円、セグメント利益は同8.3%増の17.23億円となった。増収はオフィス用品や生活用品取扱業務の増加が寄与した。増益は、前期に発生したオフィス用品配送業務の立ち上げコスト解消が寄与した。

国際物流事業は売上高が前期比11.7%増の356.67億円、セグメント利益は63.0%増の9.70億円となった。増収はアメリカ向け製造設備部品の輸出業務獲得やアジア向け精密機器製造設備の輸出の増加が寄与した。また、増益は、前期に発生した海外市場における調査費用の解消が寄与した。

2019年3月期通期は売上面では食品関連、空港関連、海外関連、生活関連の各分野で取扱量の増加、利益面では働き方改革の推進やシステム関連のコストの増加を見込んでいる。連結業績予想は、同社が掲げる「2030年ビジョン」達成に向けた人材育成のための投資や、システム関連費用の増加を見込むため、売上高が前期比2.9%増の2,848億円、営業利益が同9.6%減の100億円、経常利益が同10.7%減の103億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同13.4%減の61億円としている。

同時に開示された2019年3月期から2021年3月期を対象とした新中期経営計画によると、2021年3月期には再び最高営業益の更新を目標としている。

《MW》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均