7974 任天堂 東証1 15:00
27,070円
前日比
+25 (+0.09%)
比較される銘柄: ソニーホシデンミツミ
業績: 今期予想
その他製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
65.0 2.79 0.78 3.37

銘柄ニュース

戻る
2015年10月28日18時07分

任天堂の中間期は営業黒字に浮上、年間配当予想は150円に

 任天堂<7974>は28日引け後、16年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比19.1%増の2041億8200万円、営業損益は前年同期の2億1500万円の赤字から89億7700万円の黒字へ浮上した。受取利息などの営業外収益が75億円発生したことなどで、経常利益は同25.9%減の164億3600万円、純利益は同19.8%減の114億6600万円で着地した。同時に従来未定としていた中間期の配当を30円とし、期末配当は120円とすると発表した。年間配当予想は150円(前期実績は180円)となる。
 前期に発売したNewニンテンドー3DSやNewニンテンドー3DS LLの新色展開などで引き続き販売を伸ばし、ハードウェア全体の販売台数は228万台となった。ソフトウェアでは、「どうぶつの森ハッピーホームデザイナー」の販売本数が202万本のヒットとなったことなどで、ソフトウェア全体の販売本数は1920万本となった。Wii Uでは9月に全世界で発売した「スーパーマリオメーカー」が188万本と好調なスタートを切ったことなどで、ハードウェアの販売台数は119万台、ソフトウェアの販売本数は1237万本となった。amiibo(アミーボ)では新たに発売したカード型のamiiboが良い出だしとなったほか、フィギュア型のamiiboも強い勢いを保ち、販売は引き続き好調に推移した。
 同社は、ニンテンドー3DSでクリスマス商戦に向け複数のタイトルを発売するほか、サードパーティーからも複数の有力タイトルの発売が予定されており、ニンテンドー3DSのより一層の普及のほか、Wii U、amiiboの販売拡大を目指す方針。ただ、第2四半期累計決算で、据え置かれた通期の営業利益予想500億円(前期比2倍)に対する進捗率は17.9%にとどまっている。
《MK》

株探ニュース


最終更新日:2015年10月28日 18時14分

日経平均