7467 萩原電気 東証1 15:00
2,094円
前日比
+7 (+0.34%)
比較される銘柄: 立花エレ兼松黒田電気
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.2 0.70 3.34 17.89

銘柄ニュース

戻る
2016年08月08日14時20分

安川情報が一時急騰、「IoT」関連絡みで萩原電気との提携を引き続き好感

 安川情報システム <2354> が前週末のストップ高に続き、一時急騰。前週末5日後場に萩原電気<7467>とIoTソリューションの販売に関して業務提携したと発表したことが引き続き買い材料視された。前場は買いが膨らみ株価は前日比64円(18.1%)高と急騰したものの、後場に入り利益確定売りに押され、マイナスに転じている。

 安川情報はこの提携を通じて、東海地方での営業強化を図る方針。東海地方で工場内のシステムを提供している萩原電気と、上位システムから工場システムへの統合や、IoTを使った生産設備の見える化・故障予知を得意とする安川情報の協業により、トータルなシステム提案が可能になるという。

 同社株は7月29日の「VRIoT提案」との報道を受けストップ高となり、3日には19年3月期の連結営業利益に10億円の黒字(16年3月期実績は5.4億円の赤字)を目指す中期経営計画を発表したことで再びストップ高まで買い進まれていた。IoT関連絡みでの提携発表が買いに拍車をかけた格好だ。

株探ニュース

日経平均