信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
ジンズメイトの【株価予想】【業績予想】を見る

7448ジーンズメイト

東証1
219円
前日比
-4
-1.79%
比較される銘柄
マックハウス, 
ライトオン, 
夢展望
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.93 1.17
時価総額 35.3億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・5日>(前引け)=ヘリオス、ジーンズメイト、幸和製作所

 ヘリオス<4593>=大幅続伸。理化学研究所から特許ライセンスを受けiPS細胞関連技術を活用した創薬を行っており、再生医療関連の一角として注目を集めている。市場では加齢黄斑変性治療の治験開始に期待が大きい。また、体性幹細胞再生医薬品分野では脳梗塞急性期や急性呼吸窮迫症候群の治療法承認取得に向け、米アサシス社から導入した幹細胞製品「HLCM051」治験を実施中で、こちらの動向も株価に大きな影響を及ぼす。直近では、今月3日にアサシス社が欧米で実施した「HLCM051」の急性呼吸窮迫症候群に対する治験の二次解析の結果が良好であることを発表しており、好材料視されている。

 ジーンズメイト<7448>=大幅続伸。同社は4日の取引終了後に発表した5月度の売上高速報で、既存店売上高は前年同月比6.2%増と3カ月ぶりに前年実績を上回ったことが好感されている。月前半は気温の低い日が多かったため苦戦したが、中旬以降は気温の上昇に伴い、NB(ナショナルブランド)を中心にTシャツやクール系商材が好調に推移した。また、注力しているレディース部門が4月に引き続き前年を上回ったほか、インバウンド需要も堅調な伸びが続いたという。なお、全店売上高は同1.1%減だった。

 幸和製作所<7807>=急騰。同社は4日の取引終了後、韓国からシルバーカーの大口受注を獲得したと発表しており、これを好感した買いが入っている。今回受注したのはスタンダードタイプのシルバーカー3万台で、海外からの1件当たりの受注としては過去最高となる。19年7月末までに納入を予定しており、20年2月期業績への影響については数字が確定次第明らかにするとしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均