貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
プレス工の【株価予想】を見る

7246プレス工業

東証1
395円
前日比
-4
-1.00%
比較される銘柄
エクセディ, 
いすゞ, 
大同メ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.3 0.45 4.81 10.06
時価総額 450億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

個人投資家・有限亭玉介:半導体や自動車部材関連は注目【FISCOソーシャルレポーター】


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2021年11月15日11時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

いつになったら半導体不足が解消されるのでしょうか。国内でもTSMCの新工場を誘致するなど供給体制を整えておりますが、2024年末に生産開始との事ですぐに問題が解決するわけではありません。米グーグルやアップルが自社開発の半導体チップを搭載した新商品をリリースするなど、これから半導体業界の勢力図が変わる可能性も考慮すべきでしょう。

コロナ禍で半導体業界は目まぐるしく変化しました。そして半導体は今や製品の基幹部品となりつつあります。EVやスマートフォン、データセンターなどで使われる半導体の進化は続くでしょうし、車のエンジンのように半導体の性能が製品の顔となるかもしれません。

日本の代表的な自動車メーカーは部品不足による減産を強いられていましたが、直近の決算では上方修正を発表しました。部品不足が完全に解消されれば、自動車メーカーのみならずゲーム機から家電メーカーまで息を吹き返す可能性もあります。半導体の供給不足を乗り越えた先は、半導体の質をどう高めていくかが重要な課題となりそうです。

さて、今回は世界的に株高ムードとなっている中で、半導体・自動車部品関連をチェックして参ります。

半導体ファブレスメーカーであるメガチップス<6875>は、任天堂<7974>が27年3月期までニンテンドースイッチ関連ビジネスへ約4500億円の投資を行うと発表すると思惑から買われました。11月5日に発表された同社の決算では、22年3月期が13期ぶりの最高益を更新する見通しでチャート(日足)は年初来高値を記録しております。

同じく任天堂と繋がりが強いホシデン<6804>も監視です。10月26日の上方修正発表後に窓を開けて動意すると、その後は下値を切り上げています。11月5日の決算発表では年間配当を20円から55円に増配しており、PER・PBRも割安となっています。

その2銘柄と合わせて見ていきたいのが、プリント配線版を手掛けるシライ電子工業<6658>です。12日の決算にて上方修正に加えて復配も発表した事で動意し、保ち合いを上抜いてきております。こちらも任天堂関連として監視を強めています。

そして車載向け、スマホ向けなどのプリント配線板の製造を手掛けるメイコー<6787>は、11月5日に決算と併せて上方修正を発表しました。その後チャート(日足)は窓を開けて動意しております。車載向けが想定を上回るほど好調との事です。

半導体テスト用ソケット製品や車載機器向けコネクタなどを手掛ける山一電機<6941>は、11月5日に決算と上方修正を併せて発表すると24期ぶりに過去最高益を更新する予想です。チャート(日足)も年初来高値を更新しており監視を強めています。

二次電池向け電極塗工装置を手掛けるヒラノテクシード<6245>は、11月5日の上方修正と増配の発表で動意した模様です。直近で下値を切り上げており、EV関連やその他製造業が好調となれば同社も連動する可能性があるか。

自動車プレス部品最大手のプレス工業<7246>は、国内外で油圧ショベルの需要が拡大した他、トラックの輸出も大幅に伸長しました。11月5日の決算発表も好調で、年間配当予想は16円から19円に引き上げております。

さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《TY》

 提供:フィスコ

日経平均