6656 インスペック 東証M 15:00
1,100円
前日比
-40 (-3.51%)
比較される銘柄: ミナトHDウインテストADプラズマ
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.7 5.60 494
決算発表予定日  2016/12/09

銘柄ニュース

戻る
2016年06月22日11時36分

インスペックがストップ高カイ気配、ハイエンドAOIで成長シナリオ

 インスペック<6656>がストップ高カイ気配。今月10日に野心的な中期経営計画を発表、これを材料に急騰局面に突入したが、15日以降は目先筋の利益確定売りの動きも顕在化し、上下に値動きの荒い展開にあった。しかし、波状的な投機資金の攻勢が続いており、きょうは朝方から上値を買い進む動きが継続、寄り後30分弱で値幅制限上限の695円に達しカイ気配に突入、10時前に大口の売買注文が成立した後は再びストップ高水準で張り付く展開となっている。

 同社は精密プリント基板などの最終外観検査装置を手掛け、16年4月期営業損益は1900万円の赤字だが、17年4月期は1億7000万円の黒字化を見込む。もっとも、投機資金が注目するのは、同社が19年4月期に営業利益段階で今期予想比4.4倍の7億5000万円を数値目標に掲げる“超強気”の中期計画だ。IoT(モノのインターネット化)の普及を背景に高性能のパターン検査装置(AOI)の需要が高まっており、同社はこのニーズを取り込む構えだ。

 直近21日付でエンデバー・パートナーズが同社の6.49%の株式を保有していることを開示している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均