貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
レアジョブの【株価予想】を見る

6096レアジョブ

東証1
1,008円
前日比
+37
+3.81%
比較される銘柄
ブレクスルー, 
エデュラボ, 
学研HD
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
78.1 4.63 1.09 0.73
時価総額 97.4億円

銘柄ニュース

戻る

レアジョブ Research Memo(5):付加価値の高い英会話サービスを低価格で提供、高い営業力と顧客基盤なども強み


■会社概要

3. レアジョブ<6096>の強みと競合状況
(1) 高い競争優位性
同社の強みとしては、高品質なカリキュラム・教材、講師により提供される付加価値の高い英会話サービスを低価格で提供できること、高品質な講師・レッスンを安定的かつ数多く確保し続けることができるオペレーション能力、提携先との協業も含めた高い営業力と顧客基盤、ビジネスリーダー育成事業やキャリア関連事業といったシナジーの高い事業への展開といった、4点が挙げられる。

(2) 競合
競合企業について見ると、個人向けサービスではDMM英会話、ネイティブキャンプなどがある。これらを運営する企業はいずれも未上場なので規模は不明だが、DMM英会話については料金がほぼ同水準で、講師はフィリピンだけでなく世界134ヶ国から1万人以上が在籍しているため、24時間いつでも受講できることが特徴となっている。

法人向けサービスでは、まだ対面型が主流で長年の実績があるベルリッツ(ベネッセホールディングス<9783>の子会社)やGabaが挙げられる。オンラインサービスについては2015年頃から市場が立ち上がっており、競合としてはビズメイツが挙げられる。

(3) SWOT分析
同社の内部環境(強み・弱み)及び、外部環境(機会・脅威)については、以下のようにまとめられる。

a) 内部環境(強み(Strength))
・高品質なカリキュラム、教材、講師
・高品質な講師・レッスンを十分に確保し続けるオペレーション能力
・業務提携先も含めた高い営業力と法人顧客基盤
・アセスメントデータプラットフォームを基盤とした今後の事業展開力

b) 内部環境(弱み(Weakness))
・カジュアルユーザー層の取り込み
・講師をフィリピンに依存しており、フィリピンのカントリーリスクを受ける

c) 外部環境(機会(Opportunity))
・オンライン英会話市場の拡大
・法人や教育機関でのサービス導入による事業拡大
・グローバル人材育成ニーズの高まり

d) 外部環境(脅威(Threat))
・タイムレスかつ正確な同時通訳機の発明
・オンライン英会話市場参入企業増加による競争激化
・為替変動リスク(フィリピンペソに対して円安になるとコスト高につながる)

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均