5480 日本冶金工業 東証1 15:00
221円
前日比
+3 (+1.38%)
比較される銘柄: 大平金日新製鋼モリ工業
業績: 今期予想
鉄鋼
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
42.7 1.00 2.68

銘柄ニュース

戻る
2016年02月04日07時31分

前日に動いた銘柄 part1:NTTデータ、出光興産など


銘柄名<コード>⇒2月3日終値⇒前日比

イーレックス<9517> 1906 +132
決算発表後は反発力強める展開に。

東邦チタニウム<5727> 1036 +60
大阪チタに連れ安した2日の反動も。

ジェイテクト<6473> 1663 -193
場中に決算発表、コンセンサスは下振れ着地に。

長瀬産業<8012> 1300 -137
10-12月期の収益水準は低下で。

愛三工業<7283> 1048 -109
第3四半期経常利益は減益に転じる。

冶金工<5480> 117 -12
非鉄など資源関連株安で戻り売り。

サンケン<6707> 336 -33
25日線レベルでの上値の重さをマイナス視。

不二越<6474> 403 -39
景気敏感株安の中で設備投資関連には売り優勢。

ミネベア<6479> 829 -77
引け後の決算発表を控えて警戒感も。

ブイキューブ<3681> 1049 +150
日本マイクロソフトとの協業を期待材料視。

レンゴー<3941> 586 +78
決算を受けて野村證券では投資判断を買い推奨に格上げ。

GSユアサ<6674> 460 +47
第3四半期のリチウムイオン電池事業黒字化を好感。

IT HLDG<3626> 2957 +228
10-12月期の堅調な決算を評価する流れにも。

沖電気<6703> 144 +7
10-12月期営業利益は市場コンセンサス上振れへ。

NTTデータ<9613> 6260 +310
10-12月期業績は市場予想を上回る着地に。

ナブテスコ<6268> 2065 +28
メリルリンチ日本証券では投資判断「買い」に格上げ。

フタバ産業<7241> 510 +29
10-12月期業績には底打ち感も。

横河電機<6841> 1339 +24
通期営業利益は360億円から390億円に上方修正。

大崎電気<6644> 695 +36
引き続き2日に発表した好決算を評価へ。

日新製鋼<5413> 1286 +63
買収プレミアム期待で押し目買いも。

サイバネット<4312> 823 -26
急ピッチの調整にも一巡感で一時自律反発。

クラリオン<6796> 432 +10
第3四半期累計経常益は前年比倍増。

アイスタイル<3660> 1130 +68
通期営業利益は11.5億円から15.2億円に増額。

CTC<4739> 2155 +55
決算嫌気した調整も一巡感で買戻しか。

カルビー<2229> 5160 +170
第3四半期未達で売られた昨日は過剰反応とも。

中外製薬<4519> 3735 +105
決算を嫌気した売りにも一巡感で。

ローソン<2651> 10180 +200
リスクオフの流れからディフェンシブ性に関心か。

トリドール<3397> 2559 +66
引き続き足元での好決算を評価する動きにも。

出光興産<5019> 1835 +99
10-12月期は在庫評価損益を除いた実質利益は順調。

ニチレイ<2871> 1018 +32
引き続き2日に発表の好決算を評価。

IHI<7013> 197 -50
通期最終損益は180億円の黒字予想から300億円の赤字に減額。

フジミインコ<5384> 1243 -233
通期営業利益は41億円から32億円に減額。

神戸製鋼所<5406> 96 -17
通期最終益は200億円の黒字から一転200億円の赤字に。

カシオ<6952> 2054 -414
10-12月期業績は市場予想を下回る。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均