5453 東洋鋼鈑 東証1 15:00
378円
前日比
+3 (+0.80%)
比較される銘柄: 日金属日立金神戸鋼
業績: 今期予想
鉄鋼
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
189 0.45 2.65 1.87

銘柄ニュース

戻る
2015年09月28日09時22分

東洋鋼鈑が急反落、缶用材料や電池材が想定下回り16年3月期業績予想を下方修正

 東洋鋼鈑<5453>が急反落し、9時15分現在で東証1部の値下がり率トップとなっている。前週末25日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1250億円から1190億円(前期比3.3%減)へ、営業利益を同82億円から65億円(同1.0%減)へ、純利益を同51億円から37億円(同25.7%減)へ下方修正しており、これを嫌気した売りが相次いでいる。上期に、鋼板関連事業の缶用材料や電池材、および機能材料の販売数量が想定を下回る見込みであることが要因としている。
 また同時に、従来6円を予定していた中間配当を5円(前年同期5円)に引き下げると発表したことも弱材料視されている。なお、期末配当は従来予想の6円(前年同期5円)を据え置いており、年間配当は11円(従来予想12円、前期10円)を予定している。

東洋鋼鈑の株価は9時16分現在375円(▼44円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均