5105 東洋ゴム工業 東証1 15:00
1,795円
前日比
+8 (+0.45%)
比較される銘柄: 住友ゴ浜ゴムブリヂストン
業績: 今期予想
ゴム製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.4 1.45 2.51 1.43

銘柄ニュース

戻る
2017年02月16日12時29分

洋ゴムが一時12%高と連日の急騰、免振ゴム関連損失はピークアウトの観測

 東洋ゴム工業<5105>が連日の急騰。株価は一時、前日に比べ12%高に買われている。前日の午前11時に16年12月期連結決算を発表しており、その内容が引き続き評価されている。前期の営業利益は前の期比22.2%減の493億1500万円、最終損益は子会社の免振ゴムのデータ偽装による交換工事の特損計上もあり122億6000万円の赤字だった。市場では前期営業利益を450億円前後とみていたが、この予想を上回った。また、会社側では17年12月期業績は営業利益が前期比4.7%減の470億円、最終損益は250億円への黒字転換を見込んでいる。今期営業利益も市場予想(420億円前後)を上回っているほか、免振ゴム関連費用の引き当てはピークを越えたとの見方が強まっている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均