4307 野村総合研究所 東証1 09:44
3,795円
前日比
+45 (+1.20%)
比較される銘柄: NTTデータSCSK伊藤忠テクノ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.8 2.08 2.21 0.32

銘柄ニュース

戻る
2015年10月08日14時26分

国内大手証券、ビジネスソフト・ITサービスセクターの好決算を予想、トップ推奨はNTTデータ

 SMBC日興証券のビジネスソフト・ITサービスセクターの決算プレビューでは、16年3月期7~9月期もセクター全体で業績改善が進んだとみて、特に利益率改善は今後の業績の安定的な成長を支える要因とになると指摘。成長期待の向上とリスク意識の低下により、株価バリュエーションは上昇すると予想し、需要テーマでは、フィンテックなど金融機関のITシステム強化、Eコマースやビッグデータなどオムニチャネル関連、製造業のグローバルサプライチェーンなどの継続に加えて、10月に個人番号が配布されるマイナンバー関連に期待。
 個別では、NTTデータ<9613>をトップ推奨し、SCSK<9719>、大塚商会<4768>、オービック<4684>、野村総合研究所<4307>、新日鉄住金ソリューションズ<2327>に注目している。
《MK》

株探ニュース


日経平均