株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 パイプドHDの【株価予想】【業績予想】を見る

3919パイプドHD

東証1
1,007円
前日比
-42
-4.00%
比較される銘柄
エイジア
GMO
フルスピード
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.5 3.23 1.19 14.52
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

パイプドHD---1Q増収するも人材への先行投資により減益


パイプドHD<3919>は29日、2019年2月期第1四半期(18年3月-5月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比0.7%増の13.26億円、営業利益が同50.5%減の1.25億円、経常利益が同51.3%減の1.22億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同62.3%減の0.63億円となった。

機能別事業群について、情報資産プラットフォーム事業の売上高は前年同期比4.6%増の9.13億円、営業利益は同18.6%減の2.63億円となった。昨今の人手不足社会における課題解決の一助として、顧客企業・団体のコスト低減・業務効率化に資するシステムの開発・提供等を行っている。

販促CRMソリューション事業の売上高は前年同期比24.4%減の2.52億円、営業損失は0.08億円(前年同期は0.49億円の利益)となった。顧客企業・団体におけるITを活用した業務最適化や顧客との接点機会創出及び接点強化を支援するサービスの提供や、顧客に応じた最適なITシステムの開発請負等を行っている。

広告事業の売上高は前年同期比105.8%増の1.04億円、営業利益は0.24億円(前年同期は0.03億円の損失)となった。顧客サービスの認知度、集客力、ブランド力の向上等を目的としたプロモーション設計や広告コンテンツの制作・開発・運用、インターネット広告の代理販売等を行っている。

分野別事業群について、xTech事業の売上高は前年同期比35.5%減の0.31億円、営業損失は0.18億円(前年同期は0.01億円の損失)となった。IT技術の利活用により企業や団体の垣根を越えて情報を共有することで、業界に革新的なサービスを創出することが期待できる事業を行っている。

社会イノベーション事業の売上高は前年同期比134.6%増の0.24億円、営業損失は0.02億円(前年同期は0.10億円の損失)となった。個々の企業や業界の内部にある問題の解決でなく、それらの枠を超えて存在する社会的課題の解決を図ることを目的とした公益性の高い事業を行っている。

2019年2月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比12.8%増の58.00億円、営業利益が33.4%減の5.00億円、経常利益が同34.6%減の4.90億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同34.5%減の3.00億円とする期初計画を据え置いている。

《MW》

 提供:フィスコ

日経平均