3048 ビックカメラ 東証1 15:00
1,043円
前日比
+18 (+1.76%)
比較される銘柄: エディオンヤマダ電ベスト電
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.2 1.76 1.15 1.83

銘柄ニュース

戻る
2015年10月05日16時33分

本日の注目個別銘柄:林兼産業、エクセル、日本製鋼所など


<9684> スクエニHD 3045 +142
大幅反発。みずほ証券では、ゲームレジャーセクターの第2四半期決算プレビューをリリースしている。レガシーゲーム会社はおおむね好調だが、上方修正が期待されるのは同社であると指摘している。みずほ証券では通期340億円を予想しているが、通期の営業利益会社計画レンジ170-250億円が一定程度切り上がり、上限が295億円程度になれば上出来としている。業績期待の高まりにつながっているほか、「ファイナルファンタジーグランドマスターズ」の立ち上がり好調なども評価材料に。

<5631> 日本製鋼所 401 +22
反発。日印原子力協定締結へとの報道が伝わっている。日本の原発輸出の後押しへつながるとの見方から、原発関連の一角として見直し買いの動きが進む形になっているようだ。ジェフリーズでは、日本企業が原発を輸出できる環境が整うことで、今までインドに原子炉容器を輸出できなかった同社にとってポジティブとの評価。今回の協定合意によって原子力関連部材輸出の回復を期待としている。

<9983> ファストリ 49730 +1000
反発。先週末に9月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比2.6%増、前月の同2.5%増に続いて、2ヶ月連続でのプラス成長になっている。客数が同4.2%減となった一方、客単価が同7.4%の上昇に。同業他社比較では相対的に伸び率が限定的にとどまっているが、前年の9月は前8月期で最も高い伸び率であったなどハードルが高かったこともあり、ポジティブに捉える動きが先行へ。また、日経平均の大幅上昇も需給面では支援となる。

<2286> 林兼産業 147 +18
急伸。TPP交渉が大筋合意見通しと本日伝わっており、TPP関連の材料株として短期資金の関心が向かう格好になっている。ハム・ソーセージ、食肉の中堅企業として、輸入肉の価格低下によるコスト低減が期待される状況のようだが、株価水準の値頃感なども妙味になっている。なお、本日のTPP関連物色では、同社のほか、農業関連各社の上昇が目立っている。

<7591> エクセル 1374 -152
下落率トップ。先週末に業績予想の修正を発表している。通期営業利益は従来予想の42億円から31億円に下方修正、中国市場を中心としたスマホ向け液晶モジュール、および、電子デバイスの需要が6月以降急減、第3四半期以降も需要は低調に推移する見込みであることが業績下振れの背景に。第1四半期2ケタ増益から一転、上半期は減益見通しに転じる。

<6755> 富士通ゼネ 1394 +70
買い優勢。SMBC日興証券では業績予想を上方修正している。上半期営業利益は会社計画75億円を上回る93億円程度になったとみているもよう。空調機事業、電子デバイス事業ともに好調推移のようだ。つれて、通期予想は従来の212億円から240億円に増額修正、会社計画230億円を上振れる水準に引き上げている。

<5401> 新日鉄住金 2259 +24
しっかり。スプレッド悪化で減益幅が拡大するとして、野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げしているが、目立った影響はみられていない。本日は全般的にリバーサルの動きが強まっており、鉄鋼セクターには買い戻しの動きが強まっているようだ。日経平均8月高値から先週末までの業種別下落率では、鉄鋼セクターが24%の下落でトップになっている。

<3048> ビックカメラ 1078 +2
上値重い。前8月期営業利益は前期比微減の190億円弱になったもようとの観測報道が伝わっている。会社計画は同8%増の205億円となっている。第3四半期までで前年同期比19%減益、下振れ懸念はあったとみられたが、通期の市場予想は10億円程度下回る形に。子会社コジマの夏商戦などが振るわず、利幅の大きい商品の販売が未達となったようだ。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均