信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更

2767 円谷フィHD

東証P
1,581円
前日比
+12
+0.76%
PTS
1,590円
22:08 05/22
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.4 2.06 2.53 132
時価総額 1,097億円
比較される銘柄
スタティアH, 
ミタチ産業, 
ピクセル

銘柄ニュース

戻る
 

個人投資家・有限亭玉介:秋相場は不安定?業績堅調な銘柄に絞る!注目中の個別株【FISCOソーシャルレポーター】


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2022年9月5日11時に執筆

米経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」の後、NYダウは1008ドル安となり一気にムードが変わったようにも思えます。日本株でも市場の不安感は高まっているようですが、地合いが悪い中でも底堅い銘柄を選んでいきたいですねぇ。

改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

8月26日のジャクソンホール会議後、日本市場では週明けの月曜の29日に日経平均が800円超えの下落となり、節目の28000円を割りました。翌日に反発して28000円台に回復するも、9月の1日・2日は終日27000円台での推移となっています。

確かに売り圧力が強まっている印象はありますが、業種や銘柄によって影響には差があるようです。そのあたりの銘柄選定を誤らなければ、地合いが悪い相場も乗り切る事もできるでしょう。インフレが落ち着くまでは、FRBの発言に振り回される相場は続きますので9月20日・21日にFOMCが開かれる事を頭に入れておきましょう。

9月はまさに、一難去ってまた一難という相場になるかもしれません。それでもグロース株&バリュー株ともに思惑のある銘柄への物色は底堅いと考えております。外部環境に振り回されてパフォーマンスが落ちる期間もあると思われますが、過度なリスクを取らずに着実に歩を進めて行きたいところです。

中古車買取り専門店「アップル」を展開するアップルインターナショナル<2788>は、8月5日の上方修正を機に窓を開け動意しました。海外中古車輸出事業が想定を上回り、業績寄与しております。PER・PBRが割安水準で、年初来高値を更新したチャート(日足)はどこまで切り上げるか監視中です。

ハウスウェディング事業を全国に展開するT&Gニーズ<4331>は、婚礼事業の案件数増加により業績が拡大しております。コロナ禍での不況を抜けて、客単価の向上も見られるようです。コロナ以前の株価水準を目指したいところですな。

半導体検査用ソケット大手の山一電機<6941>は、8月5日の好決算に加えて上方修正を発表しました。直近の地合いが悪い中でも高値圏をキープしております。供給不足が続いている半導体の需要を受けて、9月中も25日線を上回って推移できるか…。監視を強めております。

パチンコ・パチスロなど遊技機の販売企画を手掛けるフィールズ<2767>は、直近の決算は赤字ながらも織り込み済みでアク抜けとして買われました。子会社の円谷プロの代表作であるウルトラマン関連が好調で、投資家に好感されているようです。

二次電池温度検知用センサーを手掛けている大泉製作所<6618>は、8月31日にトヨタ自動車が最大7300億円を投じて日米で電池の増産を行う方針を発表した事で、思惑から買われました。円安による為替差益も追い風となっています。

最後はステンレス鋼の専門商社であるUEX<9888>です。5月のこちらの記事でご紹介すると、決算後に見事に上昇しております。直近では「伊藤忠商事と産業ガス世界大手の仏エア・リキードは年中無休の水素ステーションを全国展開する」と日経新聞が報じると、水素ステーション向け複合容器蓄圧器を手掛ける同社にも思惑買いが入りました。

さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《TY》

 提供:フィスコ

株探からのお知らせ

    日経平均