2432 ディー・エヌ・エー 東証1 15:00
3,285円
前日比
-235 (-6.68%)
比較される銘柄: グリーサイバーミクシィ
業績: -
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.31 1.74

銘柄ニュース

戻る
2016年08月22日11時12分

自動運転関連株が軒並み高、今月末からZMPフォーラム開催

 アイサンテクノロジー<4667>が4日続伸したのをはじめ、アートスパークホールディングス<3663>、ハーツユナイテッドグループ<3676>、ザインエレクトロニクス<6769>、ベリサーブ<3724>、ディー・エヌ・エー<2432>、モルフォ<3653>など自動運転分野に注力の構えをみせる銘柄が軒並み買いを集めている。

 名目GDP600兆円に向けた成長戦略として、第4次産業革命による付加価値創出に重点を置くアベノミクス、その目玉となるのが2020年の東京五輪開催年に照準を合わせた自動運転車の普及だ。自動運転分野は、世界的に巨大資本企業が業界の垣根を超え、研究開発に経営資源を注ぎ込んでいる。五輪開催後10年を経た30年には20兆円以上のメガマーケットが創出されるとの試算があり、日本も欧米にキャッチアップするために官民の連携を強めてこれに対応する構えだ。

 米フォード・モーターは自動運転車でもドライバーの操作を全く必要としない完全自動化された最終目標地点である「レベル4」の量産を2021年までに開始することを発表しており、これを受け業界も競争激化や合従連衡に向けて風雲急の気配を漂わせている。国内では8月31日から9月2日までの日程でZMP<7316>フォーラムがベルサール六本木で開催される予定にあり、市場でも関心が高まっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均