貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
日経平均株価の構成銘柄。同指数に連動するETFなどファンドの売買から影響を受ける側面がある
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
エムスリーの【株価予想】【業績予想】を見る

2413エムスリー

東証1
2,786円
前日比
-109
-3.77%
比較される銘柄
ソニー, 
メドレー, 
NTTデータ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
85.9 11.77 0.31 1.92

銘柄ニュース

戻る

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値の限界破る堅調高銘柄につく!


「上値の限界破る堅調高銘柄につく!」

●信用売りの投資家を待ち受ける陥穽

 投資経験が豊富な人ならいまさら説明の必要はないだろうが、株は上がって儲かるだけではなく、下げて儲かるやり方もある。

 前者はもちろん普通に買う、信用取引で買う。これらになるが、後者は信用取引で売る。株価が思惑通りに下げてくれれば儲かるのだから、信用取引で売っている人にはたまらない快感となる。

 最近は売りで儲かりにくくなっているが、市場全体を見回すと相変わらず株を売っている投資家が多い。ここから下げると見て頑張っているのだ。直接、そんな投資家と交流があるわけではないが、売りが多い銘柄を見るたびに思うのは、「苦しいだろうなあ…」になる。

 下がると考えた銘柄が予想通りに下げてくれれば、前述したようにこれはたまらない快感だ。しかし、逆に株価が上がってしまうとこれほど怖いものはない。株価が下げる場合は限界があるのに対し、上昇にはなかなかそれが訪れないからだ。

 理論的には上がり続ける銘柄はないことが分かっている。しかし、それはあくまでも理論上のことであり、持ち株がなかなか上げ止まらないことが多い。信用で売っている場合、眠れなくなる投資家もいることだろう。

 見込みが違った場合、すぐに撤退すべきだが、そうしない投資家が圧倒的なようで、驚くほど大量の売り残を抱えている銘柄が多い。それらの銘柄の中には、なぜこんな株がこんなに上がるんだ?――こう思える銘柄も結構多く、売りたくなるのも無理はないとも思えるほどだ。

●もうこれ以上は上がらない? 高所恐怖の眩惑

 しかし、上がりそうもないから上がる、こんなことがよく起こるのが株式市場であり、そんな株はさらに上がってしまうことが多い。なので、売ってはならず、むしろ買った方がよいことが多い。

 ということで今回の注目銘柄は、もう相当上がっているのだから、ここからは上がらないだろうと思えてしまう銘柄(にもかかわらず上げてしまうような銘柄)に注目したい。

 具体的には、まずは木材建材卸や注文住宅に強い住友林業 <1911> だ。

 私がたびたび取り上げるエムスリー <2413> はPERが実に94倍に達していて、どう見ても高過ぎるのだが、なお上昇余地ありと見る。

 内外でトラック需要が落ちいているにもかかわらず株価は高い日野自動車 <7205> も、上昇ピッチは緩やかながら、気づいた時にはかなり高くなっているというタイプの銘柄という印象だ。

 中国でのウォシュレット販売が低迷していると報じられながらも、株価は高値をキープし続けているTOTO <5332> も、反落より続伸確率が高そうだ。

 工場や屋外作業現場向け工具、消耗品などに強いトラスコ中山 <9830> も、業績はやや減速も株価は堅調高を保っており、さらなる高値が見込める状況だ。

 最後に値動きが超スローながらICリードフレームに強い三井ハイテック <6966> を。

2019年12月6日 記

株探ニュース

日経平均