市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 東京製鉄、サーティワン、クレステック (22日大引け後 発表分)

東京製鉄 <日足> 「株探」多機能チャートより

 22日の大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 東京製鉄 <5423> [東証P]  ★今期経常を一転20%増益に上方修正
 ◆23年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比94.5%増の78.9億円に拡大して着地。併せて、通期の同利益を従来予想の310億円→400億円に29.0%上方修正。従来の7.3%減益予想から一転して19.7%増益見通しとなった。
  主原料である鉄スクラップ価格が想定を下回ることに加え、これまでの製品販売価格の引き上げが出荷単価に反映され、利益幅が拡大することが上振れの要因。

 サーティワン <2268> [東証S]  ★上期経常が2.1倍増益で着地
 ◆22年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期非連結比2.1倍の11.5億円に急拡大して着地。3月にまん延防止等重点措置が全国的に解除されたことで、テイクアウト需要に加え、イートイン需要も回復したことが寄与。
  通期計画の12.4億円に対する進捗率は92.9%に達しており、業績上振れが期待される。

 クレステック <7812> [東証S]  ★前期経常を一転18%増益・最高益に上方修正、配当も6円増額
 ◆22年6月期の連結経常利益を従来予想の9.5億円→12.6億円に32.2%上方修正。従来の10.7%減益予想から一転して18.1%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。円安進行で海外子会社の収益が増加したことに加え、為替差益の発生も利益を押し上げた。
  業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の58円→64円(前の期は45円)に増額修正した。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク