市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月26日版

日経平均は週明け後、強く上値を抑えられる可能性を考えておく
1. NYダウは週明け後、上値を抑えられる公算
 図1は、1月以降の NYダウの日足です。NYダウは1月5日以降、ジグザグに上値、下値を切り下げる下降の流れを作っています。
 1月5日以降の下降途中で反発を開始した場面は、(最初に強く下値を支えられた動きを起点とすると)1月24日以降、2月24日以降、5月12日以降の3回あります。
 これらの3回の反発場面は、2回の押し目をつけて、下値堅さを示した後、上値を試す流れへ入っています。
 1月24日以降は、1月26日の高値3万4815ドルで上値を抑えられた後、若干の下げ場面を経過して、1月28日に再度下値を支えられて、上値を試す動きへ入っています。
 2月24日以降は、3月3日の高値3万4179ドルで上値を抑えられた後、2月24日の安値3万2272ドルを試す動きを経過して、3月8日に3万2272ドルを維持する格好で押し目をつけて、上値を試す動きへ入っています。
 5月12日以降は、5月17日の高値3万2689ドルで上値を抑えられて、5月12日の安値3万1228ドル以下まで下げた後、3万1228ドル前後での下値堅さを示す格好で、5月20日に3万0635ドルで下値を支えられて、上値を試す流れへ入っています。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク