市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):モダリス、クシム、メディアS

モダリス <日足> 「株探」多機能チャートより
■モダリス <4883>  529円  +80 円 (+17.8%) ストップ高   本日終値
 モダリス<4883>がストップ高。22日の取引終了後、「ユートロフィン遺伝子を標的とした筋ジストロフィーの治療法」について、米国で特許査定の通知を受領したと発表したことが好感された。同特許技術は、アステラス製薬<4503>と共同で出願していたもので、既に日本では特許登録されているほか、他の国においても特許成立に向けて手続きを進めているという。なお、同件による22年12月期業績への影響は軽微としている。

■クシム <2345>  486円  +46 円 (+10.5%)  本日終値
 クシム<2345>が大幅高。同社はきょう、子会社のチューリンガムが開発支援している「Curecos」の正式版が29日にローンチすることが決定したと発表しており、これが株価を刺激したようだ。「Curecos」は、世界180カ国から100万人の会員が登録しているコスプレフォトシェアリングサイト「World Cosplay」と連携して、コスプレトークン(COT)が世界中で利用できる新しいNFTサービスで、キュア(東京都品川区)が運営。「Curecos」ではCOTの投げ銭の返礼品として、コスプレイヤーの作品がNFT化されたものがプレゼントされる仕組みとなっている。

■メディアシーク <4824>  346円  +31 円 (+9.8%) 一時ストップ高   本日終値
 メディアシーク<4824>が一時ストップ高。同社はきょう、独自開発したQR/バーコード読み取りエンジン「Camreader」を搭載した完全無料のスマートフォンアプリ、QRコード/バーコードリーダー「アイコニットLite」のヒンディー語対応版の提供を開始したと発表。これが材料視されたようだ。アイコニットLiteは、既に日本語、英語、中国語(簡体字)、タイ語、ベトナム語など11言語に対応しており、このほどインドの連邦公用語であるヒンディー語版の提供をスタート。これを機に、2021年スマートフォンアプリダウンロード数が世界2位とされるインド市場でのダウンロード促進に注力するとしている。

■サツドラHD <3544>  722円  +51 円 (+7.6%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
 サツドラホールディングス<3544>が急伸。同社は北海道を地盤とするドラッグストアで食品や日用品などにも幅広く展開し、足もとの業績は好調に推移している。22日取引終了後に発表した22年5月期の決算は営業利益が前の期比17%増の7億4700万円と2ケタの伸びを達成した。また、続く23年5月期の営業利益は前期比61%増の12億円と急拡大を予想している。これがサプライズとなり、上値を見込んだ投資資金の流入が加速した。なお、好業績を背景に株主還元も強化し、今期年間配当は前期実績比66銭の増配となる10円を計画している。

■アクリート <4395>  1,820円  +127 円 (+7.5%)  本日終値
 アクリート<4395>が大幅反発。午前11時ごろ、CRMプラットフォームを提供するHubSpot Japan(東京都千代田区)とサービス連携を開始したと発表しており、これが好感された。「HubSpot」は世界120カ国以上で14万3000社以上が利用しているCRMプラットフォーム。今回の連携は、HubSpotの日本のSMS事業者との1社目の連携となり、これにより重要な案内をHubSpot内からSMSで送信できるようになる。

■ハナツアーJ <6561>  1,307円  +79 円 (+6.4%)  本日終値
 HANATOUR JAPAN<6561>は大幅高で5日ぶりに反発。韓国政府が22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で20年3月から中断していた東京・羽田空港とソウル・金浦空港の路線の運航を29日に再開すると発表したことを受けて、訪日韓国人向け旅行手配業務を主力とする同社の収益回復を期待した買いが入ったようだ。

■サーバーワークス <4434>  2,191円  +132 円 (+6.4%)  本日終値
 サーバーワークス<4434>が急反発。同社は22日取引終了後に、トップゲート(東京都文京区)の全株式を取得し、完全子会社化すると発表しており、これによるシナジーなどが期待されているようだ。トップゲートは、Google Cloudを活用したシステム・アプリ開発やセミナー、トレーニング、コンサルティングなどを手掛けている企業。同社は昨年からグループでGoogle Cloud Platform(GCP)事業に参入しており、トップゲートを子会社化することでGCP事業の成長を更に加速させ、企業価値の向上につなげるとしている。

■日本ラッド <4736>  493円  +25 円 (+5.3%) 一時ストップ高   本日終値
 日本ラッド<4736>が動意。同社はきょう、金融庁(証券取引等監視委員会事務局)の調達案件「市場監視業務の高度化に向けた現行システムの自動解析業務」において4月20日に落札事業者として選定されたと発表しており、これを材料視した買いが入ったようだ。同社は今回、既存システムの刷新検討の入口として、システム構造・処理プロセス解析において重要なドキュメント自動生成システムを提案した。昨年パートナーシップをリリースした米国ITソリューション企業のThe Software Revolution(TSRI社)の製品を用いたという。

■ナガオカ <6239>  705円  +30 円 (+4.4%)  本日終値
 ナガオカ<6239>が反発。22日の取引終了後、水処理プラント工事を手掛ける矢澤フェロマイト(埼玉県川口市)の全株式を7月1日をメドに取得し子会社化すると発表しており、これが好材料視された。今回の子会社化は、中期経営計画で掲げている「水関連事業を伸ばし、持続可能な成長を目指す」というビジョンを加速させ、グループとしてのシナジー向上を図ることが狙い。今後は矢澤フェロマイトが持つ水処理技術や設備工事のノウハウとナガオカの水関連事業との連携、顧客基盤の共有による事業拡大などを目指す。なお、取得価額は非開示としている。

■タメニー <6181>  134円  +5 円 (+3.9%)  本日終値
 タメニー<6181>が反発。22日の取引終了後、秋田県の結婚サポータースキル向上・独身者婚活力アップ支援事業を受託したと発表したことが好感された。今回受託したのは、結婚サポータースキル向上として結婚サポーターのスキルアップセミナーなどの開催や活動マニュアルの作成などの業務と、独身者婚活力アップ支援事業としてセミナーの開催や出会いイベントの開催などの業務。秋田県に対しては20年1月に同社が開発したAIを活用した結婚支援システム「parms」を提供しているが、更に交際から成婚へ向けて、結婚を支援する人材育成と、婚活中の独身者に対する更なる支援が必要になるとの県の判断から、今回の受託に至ったという。

●ストップ高銘柄
 マツモト <7901>  17,010円  +3,000 円 (+21.4%) ストップ高   本日終値
 ストレージ王 <2997>  554円  +80 円 (+16.9%) ストップ高   本日終値
 ザインエレクトロニクス <6769>  1,046円  +150 円 (+16.7%) ストップ高   本日終値
 など、4銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク