市場ニュース

戻る

【市況】大阪金見通し:上昇か、米長期金利の低下を反映へ


大阪取引所金標準先物 23年4月限・夜間取引終値:8018円(前日日中取引終値↑46円)

・想定レンジ:上限8080円-下限8000円

23日の大阪取引所金標準先物(期先:23年4月限)は上昇しそうだ。パウエル議長の議会証言を無難に通過し、昨日の海外市場で米長期金利が低下した。これを受け、金利のつかない資産である金の投資魅力が高まるとの見方から、ナイトセッションで金先物は上昇しており、今日の金先物はこの流れを引き継ぎ、買いが優勢の展開となりそうだ。また、昨日の米国市場で一時250ドル近く上昇したダウ平均が終値ではマイナスとなり、安全資産とされる金の投資需要も継続するとみられ、金先物の下支え要因となりそうだ。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク