市場ニュース

戻る

【特集】採れたて“好決算”を探る! 2-4月期【2ケタ増益】銘柄リスト <成長株特集>

ヤーマン <日足> 「株探」多機能チャートより
 1月、4月、7月、10月を本決算月とする企業の22年2-4月期(3ヵ月業績)決算発表がほぼ出そろった。本特集では、2-4月期に前年同期比で2ケタ増益を達成した企業にスポットライトを当てた。

 「株探」集計によると、本決算月にかかわらず、2-4月期の決算発表を終えた188社のうち、経常利益が前年同期比で増益または黒字転換した企業数は88社と全体の半数に満たなかった。下表では、この88社の中から、時価総額100億円以上の銘柄を対象に、2-4月期の経常利益が前年同期比で10%以上の増益を達成した35社を選び出し、増益率の高い順に記した。

 増益率トップとなったのは、物流不動産のトータルサービスを展開するシーアールイー <3458> [東証P]。直近3ヵ月の22年2-4月期(第3四半期)の経常利益は前年同期の1.4億円から26.8億円に急拡大して着地。物流投資事業で「ロジスクエア三芳2」をコアブリッジファンドに売却したことが収益を押し上げた。第3四半期累計の経常利益(83.3億円)は通期計画の82億円をすでに上回っており、業績上振れが濃厚とみられる。

 3位の三井ハイテック <6966> [東証P]は需要好調な半導体向けリードフレームや電動車向け駆動・発電用モーターコアの販売が引き続き大きく伸びた。2-4月期(第1四半期)の経常利益は前年同期比3倍の81.6億円に拡大し、直前の11-1月期に記録した四半期ベースの過去最高益(56億円)を大幅に更新した。

 4位に入ったビジョナル <4194> [東証G]の2-4月期(第3四半期)は、企業が中途採用への取り組みを積極化させるなか、テレビCMを含むマーケティング投資などが奏功し、主力の会員制転職サービス「ビズリーチ」の導入企業や登録会員が増加した。業績好調に伴い、22年7月期通期の経常利益を従来の63.2億円→83.2億円に上方修正し、最高益予想をさらに上乗せしている。

 5位にリスト入りしたミライアル <4238> [東証S]の2-4月期(第1四半期)は、旺盛な半導体需要を背景にシリコンウエハー出荷容器・工程内容器の販売が大きく伸びた。高付加価値な新製品のスポット案件も寄与し、経常利益は前年同期比2.5倍の8.6億円に膨らんだ。半導体関連では、半導体商社の菱洋エレクトロ <8068> [東証P]が7位、半導体製造向け高純度化学薬品を主力とするトリケミカル研究所 <4369> [東証P]が20位にそれぞれ入っている。

 続く6位のヤーマン <6630> [東証P]の2-4月期(第4四半期)はミーゼブランドの美容器具がCM効果もあって大きく伸びたほか、海外部門では中国向けの販売が好調だった。併せて発表した23年4月期の経常利益は前期比19.1%増の96億円と3期連続で最高益を更新する見通しだ。好決算を受けて、株価は15日に7ヵ月ぶりの高値となる1458円まで上値を伸ばした。

 9位の投資用ワンルームマンション販売を主力とするグッドコムアセット <3475> [東証P]は、ホールセール部門で不動産運用会社への1棟販売を強化するなか、マンションの販売が増加するとともに利益率も向上し、2-4月期(第2四半期)は売上高232億円(前年同期比45.6%増)、経常利益33.4億円(同81.2%増)と業績高変化を遂げた。上期経常利益(31億円)の通期計画34.1億円に対する進捗率は90.8%に達しており、業績上振れが期待される。

 13位にリストアップされたタカショー <7590> [東証P]の2-4月期(第1四半期)は、海外部門が物流混乱の影響を受けて不調だったものの、ガーデニング需要の高まりが継続するなか、主力のプロ向けリビングガーデン製品の販売が伸び、増収を確保した。円安による為替差益3.1億円を計上したことも利益を大きく押し上げた。

 14位のクミアイ化学工業 <4996> [東証P]は畑作用除草剤「アクシーブ剤」の輸出向け販売が好調だった。また、円安による収益押し上げ効果や為替差益の計上も寄与し、2-4月期(第2四半期)の経常利益は74.7億円と過去最高だった前年同期を66.5%も上回って着地。上期決算発表前の7日に、22年10月期通期の業績予想を大幅上方修正しており、翌日の株価は約6年4ヵ月ぶりの高値圏に急浮上する場面があった。

           ┌ 経常利益 ┐  増益   対象  予想
コード 銘柄名     増益率 2-4月期 連続期数 四半期  PER
<3458> CRE      1803  2683    1   3Q   8.1
<7050> Fインタ     333   797    5   4Q   -
<6966> 三井ハイテク   198  8161   10   1Q  22.2
<4194> ビジョナル    155  3235    1   3Q  37.9
<4238> ミライアル    151   862    6   1Q   -
<6630> ヤーマン     118  1796    2   4Q  11.7
<8068> 菱洋エレク    109  1130    5   1Q  29.0
<5218> オハラ      96.3   791    7   2Q  15.3
<3475> グッドコムA   81.2  3342    1   2Q   7.8
<6040> 日本スキー    80.2   701    2   3Q   403

<8842> 楽天地      78.0   283    2   1Q  16.2
<3854> アイル      77.5   701    2   3Q  27.7
<7590> タカショー    68.7   764    1   1Q  11.1
<4996> クミアイ化    66.5  7475    5   2Q  11.4
<6778> アルチザ     61.8   178    3   3Q  11.0
<6387> サムコ      55.6   291    5   3Q  21.9
<1928> 積水ハウス    54.8  86120    6   1Q   9.8
<9824> 泉州電      53.2  1947    5   2Q   9.8
<2353> 日本駐車場    44.8  1429    5   3Q  18.5
<4369> トリケミカル   39.2  1718    5   1Q  16.3

<7095> マクビープラ   36.9   345    6   4Q  17.4
<3733> ソフトウェア   36.8  1768    4   2Q   9.9
<7605> フジコーポ    34.4  1215    3   2Q   7.9
<9279> ギフトHD    30.5   381    5   2Q  15.7
<9632> スバル      23.5  2015    2   1Q   8.3
<3539> JMHD     21.7  1748    1   3Q   9.4
<2217> モロゾフ     21.4   765    5   1Q  24.2
<3031> ラクーンHD   20.0   312    2   4Q  42.8
<3180> Bガレージ    19.1   431    1   4Q  17.3
<8917> ファースト住   18.0   931    1   2Q   6.4

<2751> テンポスHD   15.3   640    6   4Q  14.5
<3480> JSB      15.3  5725    5   2Q   9.0
<9743> 丹青社      13.8   801    2   1Q  20.9
<3361> トーエル     13.3   897    8   4Q  12.9
<9262> シルバライフ   12.9   201    1   3Q  41.2

※経常利益の単位は百万円。増益率は前年同期に比べた増加率、単位は%。連続期数は四半期ベースの連続回数。
※予想PERの「-」は今期業績予想を非開示の企業。2-4月期に営業赤字だった企業、および経常利益が1億円未満の企業は除いた。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク