市場ニュース

戻る

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~弱含む局面においては押し目買いのスタンスで臨みたいところ~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

26日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。


■株式見通し:弱含む局面においては押し目買いのスタンスで臨みたいところ
■FFE&C、22/3営業利益 10.2%増 65.92億円、23/3予想 0.9%増66.50億円
■前場の注目材料:日産自、アルゼンチンでピックアップトラック増産、550人新規雇用


■弱含む局面においては押し目買いのスタンスで臨みたいところ

26日の日本株市場は、米株先物を睨みながらの相場展開になりそうだ。25日の米国市場はNYダウが191ドル高だった。注目された5月連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、大部分の当局者が今後2回の会合でも0.5%の利上げが必要だとの認識で一致していたことが明らかになった。積極的な引き締め継続姿勢が示された一方で、タカ派姿勢への警戒を強める内容ではなく、安心感から幅広い銘柄に買いが入った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円高の26790円。円相場は1ドル127円20銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行で始まりそうだ。一方で、5%を超える上昇でSOX指数のけん引役となったエヌビディアは、5-7月売上高見通しが市場予想を下回ったことが嫌気され、時間外取引でこの日の上昇部分を帳消しにしており、ハイテク株への重荷になりそうだ。26日の米国市場ではエヌビディアの決算を嫌気した動きが警戒されやすく、日中は米株先物の動向を睨みながらの相場展開を余儀なくされるだろう。

ただし、FOMC議事要旨が通過したことからアク抜け的な動きも期待されやすい。NYダウは足元で4営業日続伸とリバウンドを見せてきていることから、センチメントは改善傾向にあるだろう。そのため、米株先物次第ではあるものの、弱含む局面においては押し目買いのスタンスで臨みたいところである。また、日経225先物のナイトセッションでは、一時26500円を下回る局面も見られたものの、その後の切り返しにより25日、75日線を突破して終えている。26700円辺りでの底堅さが意識されるなか、同線を支持線としたリバウンド機運も高まってくる可能性はありそうだ。

また、エヌビディアの決算を受けて短期筋などはショートを仕掛けてくる動きも見られそうだが、短期的な資金が中心であることから、その後のショートカバーを意識させよう。価格帯別出来高では26400円~27000円辺りで商いが積み上がっており、特に26900円~27000円での積み上がりが大きい。そのため戻り待ちの売りが警戒される一方で、同水準を捉えてくる局面においてはショートカバーが強まりやすいだろう。そのため押し目狙いのスタンスを想定し、足元で強い動きを継続している銘柄などへは、よりショートカバーを狙った動きに向かわせそうだ。


■FFE&C、22/3営業利益 10.2%増 65.92億円、23/3予想 0.9%増66.50億円

FFE&C<8963>が発表した2022年3月期業績は、営業利益が前期比10.2%増の65.92億円だった。設備工事業界においては、資機材価格の高騰及び労働力不足が続くなか、データセンター・半導体分野などにおける投資は堅調に推移。23年3月期予想は0.9%増の66.50億円と微増を見込んでいる。


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(32120.28、+191.66)
・ナスダック総合指数は上昇(11434.74、+170.29)
・シカゴ日経先物は上昇(26790、大阪比+110)
・1ドル=127.20-30円
・SOX指数は上昇(2882.93、+55.88)
・VIX指数は低下(28.37、-1.08)
・米原油先物は上昇(110.33、+0.56)
・米長期金利は低下
・米国景気の拡大
・コロナ流行下の経済活動正常化
・日銀は金融緩和を長期化


・日産自<7201>アルゼンチンでピックアップトラック増産、550人新規雇用
・東芝<6502>「物言う株主」から取締役候補受け入れ検討
・三菱電機<6503>品質不正148件に拡大、全製作所の7割
・横河電機<6841>デンマーク社買収、ゴミ焼却・バイオマス発電効率化
・テンポスHD<2751>ぐるなびと集客支援で提携、中小飲食店向け
・フタバ産業<7241>ボディー・足回りへ軸足、新中計策定、DXも加速
・日立建機<6305>海外レンタル拡大、監視付き大型建機売り込み
・日揮HD<1963>設備保全で新会社、デジタルツインソフト提供
・グローリー<6457>シェアード強化、英社に追加出資
・サイバーダイン<7779>無呼吸など早期発見、超小型バイタルセンサー450台貸し出し実証
・トーヨーカネツ<6369>新中計、24年度売上高650億円
・東レ<3402>東レなど冷却配管用多層樹脂チューブ素材開発


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし
《ST》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク