市場ニュース

戻る

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~自律反発の域は脱せず、決算を手掛かりとした個別対応に~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

28日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:自律反発の域は脱せず、決算を手掛かりとした個別対応に
■アドバンテ、22/3上方修正 営業利益1150←1050億円、コンセンサス上回る
■前場の注目材料:京セラ、25年めど車載電池参入、高安全性のクレイ型


■自律反発の域は脱せず、決算を手掛かりとした個別対応に

28日の日本株市場は、前日の大幅な下落に対する自律反発が見込まれるものの、買い一巡後は引き続き不安定な相場展開になりそうだ。27日の米国市場はNYダウが7ドル安だった。10-12月期国内総生産(GDP)の予想以上の高成長を好感する格好から買い先行で始まったものの、米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅な利上げを警戒した状況のなか、終盤にかけて下落に転じた。半導体株はテラダインが20%を超える下落となったことが重荷となり、全般軟調。テスラが10%超の下落となったことでセンチメントを冷ます格好。シカゴ日経225先物清算値は大阪比330円高の26550円。円相場は1ドル115円30銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行で始まろう。ただし、日経平均は前日に840円超の大幅下落となった反動であり、自律反発の域は脱せないと考えられる。また、明確なボトム形成も見極めづらいところであるため、買い一巡後は次第にこう着が強まる相場展開が見込まれそうだ。なお、決算発表が本格化するなか、取引終了後に決算を発表したアップルは時間外で上昇していることは安心感に繋がる。国内においてもアドバンテスト<6857>の決算は評価される可能性もあることから、日経平均を下支えする格好になりそうだ。

一方で、ソフトバンクG<9984>は、クラウレ最高執行責任者(COO)が、自身の報酬や権限を巡って創業者の孫社長と衝突し、退社に向けた協議が進展した段階にあると報じられており、同社の動向が指数に影響を与える可能性はありそうだ。日経平均は昨年来安値を一気に更新したことから需給状況は悪化しているため、指数インパクトの大きい値がさ株の動向次第で荒い値動きにもなりやすい。

週末要因もあって積極的な参加者は限られており、自律反発が一巡した後は、個別の決算などを手掛かりとした物色が中心になりやすい。また、押し目買いの動きよりは戻り待ちの売りといったトレードに向かいやすいだろう。下値を売り込む流れは落ち着きそうであるが、戻りの鈍さが意識される局面においては、先物市場の動向などに注意を払いたいところだ。そのほか、中小型株については短期的なリバウンドを狙ったトレードになりやすく、本格的な買いの動きは期待しづらい。


■アドバンテ、22/3上方修正 営業利益1150←1050億円、コンセンサス上回る

アドバンテ<6857>は2022年業績予想の修正を発表。売上高は1000億円から4100億円、営業利益を1050億円から1150億円に上方修正した。コンセンサス(1120億円)を上回る。半導体検査装置の需要については、どの半導体メーカーとの商談においても、減少に向かう気配はないとの見解を示した。また、高性能化や信頼性強化に向けたテスト能力増強投資は好調が持続する見通しのようだ。


■前場の注目材料

・シカゴ日経先物は上昇(26550、大阪比+330)
・1ドル115.30-40円
・VIX指数は低下(30.49、-1.47)
・米長期金利は低下
・米国景気の拡大
・海外のコロナ感染沈静化
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・京セラ<6971>25年めど車載電池参入、高安全性のクレイ型
・富士フイルム<4901>米バイオVBの拠点買収 115億円、細胞治療薬製造
・西武HD<9024>ミライトHDに西武建設を620億円で売却
・日精樹脂<6293>中国に射出成形機の新工場、生産能力倍増
・三井物産<8031>医用画像管理システムの新会社株20%取得、情報サービス拡大
・スターフライヤー<9206>ペット同伴で空の旅、羽田?北九州で3月開始
・日新電機<6641>精密部材加工を事業化、半導体装置向け
・パナソニック<6752>遠赤外非球面レンズ量産化、カルコゲナイドガラス、コスト半減
・特種東海製紙<3708>古紙・廃プラ原料の固形燃料3割増強、脱炭素対応
・三洋化成<4471>FLOSFIAに出資、半導体製造で協業
・三菱マテリアル<5711>設置自由度高い太陽電池開発、NEDO事業参画


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 1月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+0.3%、12月:+0.5%)

<海外>
・特になし
《ST》

 提供:フィスコ


日経平均