市場ニュース

戻る

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月21日発表分)

東京製鉄 <日足> 「株探」多機能チャートより
 【好材料】  ――――――――――――

■パソナグループ <2168>
連結子会社ビーウィズの東証1部への新規上場が承認。これに際し一部保有株(440万株)の売り出しを行う。

■ジャパンベストレスキューシステム <2453>
傘下のレスキュー損害保険がミニミニグループと資本業務提携。

■TOKYO BASE <3415>
株主優待制度を新設。毎年1月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、10%割引優待券(保有株数に応じて2~6枚)を贈呈する。

■オプティム <3694>
現場データ管理ソリューション「Smart Field」とスパイダープラス <4192> [東証M]の図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の連携を検討。

■テクマトリックス <3762>
医用画像管理システムを開発・販売する子会社NOBORIが同業のPSPと合併。合併後の新会社PSPはテクマトの子会社となる。PSPはエムスリー <2413> と医療AIプラットフォーム事業の合弁会社を設立する。

■ラック <3857> [JQ]
野村総合研究所 <4307> と資本業務提携。また、野村総研とKDDI <9433> を割当先とする合計461万株の第三者割当増資を実施する。発行価格は715円。

■ENECHANGE <4169> [東証M]
前期経常を赤字縮小に上方修正。

■JCRファーマ <4552>
血液脳関門通過型ムコ多糖症3A型治療酵素製剤「JR-441」が欧州委員会からオーファンドラッグの指定を受けた。

■オンコリスバイオファーマ <4588> [東証M]
核酸系逆転写酵素阻害剤「OBP-601」のライセンス供与先であるTransposon社が、筋萎縮性側索硬化症(ALS)および前頭側頭型認知症(FTD)を対象とした米国フェーズ2a臨床試験で投与開始。

■電通国際情報サービス <4812>
前期経常を8%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も4円増額。

■アジュバンホールディングス <4929>
4-12月期(3Q累計)経常は77%増益・通期計画を超過。

■日本精蝋 <5010> [東証2]
前期経常を2倍上方修正、未定だった配当は2期ぶり2.5円で復配。

■ダントーホールディングス <5337>
21年12月期に新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金1600万円を営業外収益に計上する。

■東京製鉄 <5423>
今期経常を3%上方修正。また、発行済み株式数(自社株を除く)の2.04%にあたる240万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。

■リョービ <5851>
前期経常を一転して損益トントンに上方修正。

■レントラックス <6045> [東証M]
12月取扱高は前年同月比56.3%増。また、分散型ID活用データプラットフォームの開発・運営を手掛けるcanowへ出資。

■ユニバーサルエンターテインメント <6425> [JQ]
非開示だった前期最終は赤字縮小へ。

■西松屋チェーン <7545>
1月既存店売上高は前年同月比7.7%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■芙蓉総合リース <8424>
タイの物流ソリューション会社PLICの株式49%を取得し持ち分法適用関連会社化する。

■ASIAN STAR <8946> [JQ]
株主優待制度を新設。毎年6月末と12月末時点で5000株以上を保有する株主を対象に、株主優待ポイント(保有株数に応じて5000~2万5000ポイント)をそれぞれ付与する。

■日本空港ビルデング <9706>
羽田空港の国際線旅客取扱施設利用料を引き上げる。出発旅客(大人)の利用料は2950円(現行は2610円)となる。

■ミニストップ <9946>
子会社韓国ミニストップの全株式を韓国ロッテに譲渡する。譲渡価額は約304億円。

 【悪材料】  ――――――――――――

■ベクター <2656> [JQ]
非開示だった今期最終は赤字拡大、未定だった配当は無配継続。

■三井海洋開発 <6269>
前期最終を赤字拡大に下方修正、配当も15円減額。

■三井E&Sホールディングス <7003>
今期経常を赤字拡大に下方修正。

■東邦レマック <7422> [JQ]
前期最終を赤字拡大に下方修正。

※1月21日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2022年1月23日]

株探ニュース


日経平均