市場ニュース

戻る

【材料】ダイコク電が反発、25年3月期に営業利益22億円を見込む新中計を策定

ダイコク電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 ダイコク電機<6430>が反発。同社は24日取引終了後、最終年度となる25年3月期に営業利益22億円(22年3月期の計画値は8億5000万円)を見込む3カ年の中期経営計画を策定したと発表しており、好感されているようだ。

 25年3月期売上高は340億円(同260億円)、営業利益率は6.5%(同3.3%)、純利益は15億円(同6億5000万円)を計画。重点施策として将来の市場環境の変化に対応するため、事業部ごとのドメインを再構築することを掲げており、制御システム事業部に関しては「パチンコ」から「スマートパチスロ」への主軸の移行により、メダルレス筐体とソフト開発体制を完成させ、3年後に利益の柱とする方針としている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均