市場ニュース

戻る

【材料】<動意株・14日>(大引け)=スノーピーク、日水、TKPなど

スノーピーク <日足> 「株探」多機能チャートより
 スノーピーク<7816>=大幅高で続伸。同社は13日、9月度の連結売上高が前年同月比38.5%増になったと発表しており、これが好感されているようだ。国別では米国や韓国、台湾などの売り上げが伸長し、日本国内も同30.6%増と好調。国内の販売別では直営店とECがともに伸び、継続的な強いキャンプ需要と気温低下に伴う秋冬商品の販売進展が寄与しているという。

 日本水産<1332>=後場急伸し年初来高値更新。きょう午後1時ごろ、同社のファインケミカル総合工場鹿島医薬品工場と同つくば工場が、米国食品医薬品局(FDA)による高純度EPA(エイコサペンタエン酸)医薬品の原料生産設備としての適格性審査を通過し、米国向けに医薬品原料の出荷を開始したと発表しており、これが材料視されているようだ。EPAとはイワシなどの魚油に含まれる成分のひとつで、心疾患リスクの軽減や血中中性脂肪の低下、抗炎症などの作用があるとされている。会社側では、今後米国において高純度EPA医薬品の生産・販売拡大が見込まれ、両工場でも出荷拡大に向けて体制を整えて取り組んでいくとしている。

 ティーケーピー<3479>=急動意。株価は前日比14.9%高の1900円まで上昇する場面があった。13日の取引終了後に発表した22年2月期上期(3~8月)の連結経常損益は7億4600万円の赤字(前年同期は21億1900万円の赤字)に赤字幅が縮小しており、これが好材料視されているようだ。新型コロナワクチン職域接種会場の提供が貸会議室の稼働上昇に寄与し、会議・研修需要の取り込みにもつながったほか、前年同期に新型コロナ感染拡大の影響を大きく受けたアパホテルについても4棟を新型コロナ軽症者用宿泊療養施設として貸し出しを開始し、収益化しているという。前期から着手している固定費圧縮の効果もあり、TKP単体は6400万円の営業黒字(前年同期は18億7700万円の赤字)に転じた。

 ROBOT PAYMENT<4374>=急反発。同社は13日、請求管理ロボの「定期請求システム」に関する特許を取得したと発表しており、これが材料視されているようだ。請求管理ロボは、これまでエクセルと手作業で行っていた請求・集金・消込・催促といった作業をすべて自動化し、請求業務の大幅削減を実現するクラウドサービス。今回取得した特許内容は、請求管理ロボのコンセプトでもある「請求から入金消込」の一連の業務を自動で行うことを特徴とした「定期請求」に関するものとなる。

 吉野家ホールディングス<9861>=大幅高で年初来高値にらむ。13日の取引終了後、22年2月期の連結経常損益を従来予想の52億円の黒字から105億円の黒字(前期は19億6400万円の赤字)へ上方修正すると発表しており、これが好材料視されている。緊急事態宣言の発令や期間延長の影響で売上高は計画を下回るものの、コスト削減に加え、新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金や雇用調整助成金などを計上することが利益を押し上げる。同時に発表した上期(3~8月)の同損益は49億1900万円の黒字(前年同期は50億400万円の赤字)だった。また、従来未定としていた上期配当は5円(前年同期は無配)実施すると発表。年間配当は引き続き未定とした。

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668>=ストップ高。同社は半導体向けを主力に高周波プラズマ電源装置で業界トップシェアを誇り、世界的な半導体需給の逼迫を背景に収益成長を加速させている。13日取引終了後に発表した、22年8月期業績予想は売上高が前期比44%増の115億円、営業利益は同81%増の20億円を見込んでいる。売上高、営業利益ともに18年8月期に記録した過去最高を4期ぶりに更新する見通しで、これがポジティブサプライズとなった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均