市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は385円高、決算発表などに関心

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は385円高(14時20分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>、アドバンテスト<6857>などがプラス寄与上位となっており、一方、クレセゾン<8253>、三菱商事<8058>、キヤノン<7751>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、水産・農林業、精密機器、その他製品、電気機器、化学が値上がり率上位、海運業、鉱業、銀行業、保険業、石油石炭製品が値下がり率上位となっている。

日経平均は底堅く推移している。市場の関心は、決算発表に向いているようだ。今日は、良品計画<7453>、高島屋<8233>、ファーストリテ<9983>などが決算発表を予定している。また今晩、米国で週間の米新規失業保険申請件数、9月の米卸売物価指数(PPI)が発表され、また、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が討議に参加する予定。決算発表は、バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ、ユナイテッドヘルス・グループなどが予定している。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均