市場ニュース

戻る

【材料】吉野家HDが急反発、時短協力金の計上で今期経常利益予想を大幅上方修正

吉野家HD <日足> 「株探」多機能チャートより
 吉野家ホールディングス<9861>が大幅高で3日ぶりに反発している。13日の取引終了後、22年2月期の連結経常損益を従来予想の52億円の黒字から105億円の黒字(前期は19億6400万円の赤字)へ上方修正すると発表しており、これが好材料視されている。

 緊急事態宣言の発令や期間延長の影響で売上高は計画を下回るものの、コスト削減に加え、新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金や雇用調整助成金などを計上することが利益を押し上げる。同時に発表した上期(3~8月)の同損益は49億1900万円の黒字(前年同期は50億400万円の赤字)だった。また、従来未定としていた上期配当は5円(前年同期は無配)実施すると発表。年間配当は引き続き未定とした。

出所:MINKABU PRESS

日経平均