市場ニュース

戻る

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月30日発表分)

電通グループ <日足> 「株探」多機能チャートより
 【好材料】  ――――――――――――

■ピーエス三菱 <1871>
上期経常を一転25%増益に上方修正・最高益更新へ。

■高橋カーテンウォール工業 <1994> [JQ]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.69%にあたる6万株(金額で5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月1日から22年3月31日まで。

■ソーバル <2186> [JQ]
上期経常は一転24%増益で上振れ着地。

■NJS <2325>
排水検査による新型コロナウイルス感染早期検知サービス「HP-Test」を開始。

■スター・マイカ・ホールディングス <2975>
12-8月期(3Q累計)経常が37%増益で着地・6-8月期も15%増益。

■アールプランナー <2983> [東証M]
セーフィー <4375> [東証M]と協業。クラウド録画サービス「Safie」の導入検討を進める。

■グンゼ <3002>
22年3月期第2四半期に投資有価証券売却益7億円を特別利益に計上する。

■サムティ <3244>
今期経常を1%上方修正、配当も4円増額。

■ディア・ライフ <3245>
今期経常を35%上方修正・2期ぶり最高益、配当も10円増額。

■霞ヶ関キャピタル <3498> [東証M]
国内大手事業会社と物流施設開発事業を展開する合弁会社の設立に向けて基本合意。

■グリー <3632>
発行済み株式数(自社株を除く)の16.8%にあたる3500万株(金額で350億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月1日から22年9月22日まで。

■イーブックイニシアティブジャパン <3658>
「LINEマンガ」を運営するLINE Digital FrontierがTOB(株式公開買い付け)を実施し、非公開化を目指す。TOB価格は1株4750円で30日終値を4.6%上回る水準。買い付け期間は10月1日から11月15日まで。

■ガイアックス <3775> [名証C]
出資先であるPhotosynthのマザーズへの株式上場が承認。

■アクロディア <3823> [東証2]
新型コロナウイルスIgG/IgM抗体検出キットを渋谷肉横丁で配布開始。限定1000キットで期間は10月1日~3日。

■シリコンスタジオ <3907> [東証M]
コナミの人気サッカーゲームシリーズ最新作「eFootball 2022」にグローバルイルミネーションミドルウェア「Enlighten」が前作に続き採用。

■パイプドHD <3919>
MBO(経営陣が参加する買収)による株式の非公開化を目指す。アドバンテッジパートナーズ傘下のミライサイテキグループがTOB(株式公開買い付け)を実施する。TOB価格は1株2800円で30日終値を13.7%上回る水準。買い付け期間は10月1日から11月15日まで。

■ウォンテッドリー <3991> [東証M]
前期経常を73%上方修正。

■住友化学 <4005>
非開示だった上期最終は黒字浮上で4期ぶり最高益更新へ。

■ENECHANGE <4169> [東証M]
海外のエネルギーベンチャー企業への投資に特化した脱炭素テックファンドを組成。

■電通グループ <4324>
ゲーム領域の専門能力を統合したグローバル共通のソリューション「dentsu gaming」を提供開始。

■チームスピリット <4397> [東証M]
前期経常を39%上方修正。

■Amazia <4424> [東証M]
今期経常を45%上方修正。また、日本のマンガを世界に配信するサブスクリプションサービスを運営するmangamoに資本参加。

■シノプス <4428> [東証M]
9月に需要予測型自動発注システムを受注し、21年12月期第3四半期にパッケージ売上高7300万円を計上する。

■トビラシステムズ <4441>
通話アプリ開発のageetと資本業務提携。

■大日本住友製薬 <4506>
米国子会社サノビオンと精神神経領域で開発中の4つの新薬候補化合物について、大塚製薬と全世界を対象とした開発および販売に関するライセンス契約を締結。

■JCRファーマ <4552>
今期経常を16%上方修正・最高益予想を上乗せ。また、武田薬品工業 <4502> とハンター症候群に対する次世代治療薬の共同開発と事業化に向けた契約を締結。これにより米国外のライセンスの契約一時金を受領するほか、開発と事業化の進捗に応じた報酬、製品化後の売上高に応じたロイヤルティを受け取る予定。

■リボミック <4591> [東証M]
滲出型加齢黄斑変性治療薬を対象とした「RBM-007」の第2相臨床試験における暫定的中間ブラインドデータを網膜学会で発表する。

■楽天グループ <4755>
楽天銀行の株式上場準備を開始。

■クリーク・アンド・リバー社 <4763>
上期経常を31%上方修正・最高益予想を上乗せ、通期も増額。

■日本エンタープライズ <4829>
6-8月期(1Q)経常は86%増益で着地。

■ニチリン <5184> [東証2]
中国子会社の固定資産譲渡に伴い、21年12月期第3四半期に譲渡益約9.2億円を特別利益に計上する。

■アトラグループ <6029>
玩具などの販売を手掛けるビーユーの全株式をエイチ・ツー・オー リテイリング <8242> から取得し子会社化する。

■ERIホールディングス <6083>
6-8月期(1Q)営業は黒字浮上で着地。

■竹内製作所 <6432>
今期経常を一転9%増益に上方修正、配当も5円増額。

■Orchestra Holdings <6533>
子会社デジタルアイデンティティがテテマーチからSNSマーケティングツール「CAMPiN」に関する事業を譲受。

■エヌ・シー・エヌ <7057> [JQ]
BIMの技術を活用した高画質建築空間シミュレーションサービス「MAKE ViZ」を提供開始。

■ジェイリース <7187>
ジャストサービスと業務提携し共同保証サービス開発。香陵住販 <3495> [JQ]が管理する賃貸借物件にサービス提供を開始。

■新家工業 <7305>
上期経常を2.6倍上方修正。

■グッドパッチ <7351> [東証M]
カメラ機材のサブスクリプションサービスを展開するカメラブに出資。

■ハイデイ日高 <7611>
上期経常が赤字縮小で着地・6-8月期も赤字縮小。

■マーベラス <7844>
eスポーツ運営とWEBサイト制作を手掛けるグルーブシンクの株式を取得し子会社化する。

■ホクシン <7897>
今期経常を一転32%増益に上方修正。

■TAKARA & COMPANY <7921>
6-8月期(1Q)経常は10%増益で着地。

■みちのく銀行 <8350>
上期経常を43%上方修正。

■東京センチュリー <8439>
富士通グループとデジタル領域におけるビジネス拡大に向けて協業。共同出資する富士通リースに専門組織を新設。

■ヤマシタヘルスケアホールディングス <9265>
6-8月期(1Q)経常は2.7倍増益で着地。

■Genky DrugStores <9267>
9月既存店売上高は前年同月比5.6%増と4ヵ月連続で前年実績を上回った。

 【悪材料】  ――――――――――――

■アダストリア <2685>
6-8月期(2Q)経常は72%減益。

■SUMCO <3436>
国内外で6000万株(海外追加分上限782万6000株含む)の公募増資を実施する。発行価格は10月12日から15日までのいずれかの日に決定。

■井筒屋 <8260>
東証と日証金が10月1日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

■西武ホールディングス <9024>
上期営業を一転赤字に下方修正。

■ニトリホールディングス <9843>
6-8月期(2Q)経常は18%減益。

※9月30日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2021年9月30日]

株探ニュース

日経平均