市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月12日版

日経平均株価は週明け後に戻り高値を確認して調整入りの公算
1. 2020年3月以降、3500円幅程度が急騰時の値幅の目安
  日経平均株価は、2020年3月19日に1万6358円の底値をつけた後、上昇を開始して21年2月16日の高値3万0714円まで1万4356円幅の上げ局面となりました。
 この上昇は全体でおおよそ220円営業日(ほぼ1年)の日柄をかけて作られていますが、実際に上昇している期間だけを区切ると、5度の上昇期間、合計で65営業日の上げ期間と、もみ合い期間に分けることができます(図1を参照)。
図1 日経平均株価日足(2020年月3月以降の上昇の仕方)
【タイトル】
 5回の上昇場面は、次の通りです(図2、図3を参照)。
 1回目は、20年3月19日の安値1万6358円から20年3月25日の高値1万9564円まで、4営業日で3206円幅の上昇になります。
 2回目は、20年5月15日の安値1万9832円から20年6月8日の高値2万3178円まで、17営業日で3346円幅の上昇になります。
 3回目は、20年10月30日の安値2万2948円から20年11月25日の高値2万6706円まで、17営業日で3758円幅の上昇になります。
 4回目は、20年12月22日の安値2万6361円から21年1月14日の高値2万8979円まで、15営業日で2618円幅の上昇になります。
 5回目は、21年1月29日の安値2万7629円から21年2月16日の高値3万0714円まで、12営業日で3085円幅の上昇になります。
 2020年3月19日以降の5回の上昇は、底値から抜け出した初期の上げ場面の日柄が短いことを除けば、だいたい15営業日程度で、2500円~3500円幅程度の動きとなっています。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均