市場ニュース

戻る

【市況】23日の株式相場見通し=続伸か、ナスダック最高値を好感も上値重い

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 23日の東京株式市場は、日経平均は強含みの展開ながら上値も重く、前日終値近辺で売り買いを交錯させる展開が予想される。前日の米国株市場ではNYダウが小幅ながら続伸したほか、ハイテク株比率が高いナスダック総合指数も上値追いを続け過去最高値を更新した。注目されたパウエルFRB議長の議会証言では、足もとのインフレ傾向は一時的なものとする従来の主張を変えず、マーケットに安心感が漂った。東京市場でも、早期の米利上げ懸念がやや後退したことはポジティブ材料となるが、日経平均は前日に870円あまりの急反発をみせていたことから、続伸したとしてもその分だけ上値も限られそうだ。

 22日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比68ドル61セント高の3万3945ドル58セントと続伸。ナスダック総合株価指数は同111.788ポイント高の1万4253.268だった。

 日程面では、きょうは日銀金融政策決定会合の議事要旨(4月26~27日開催分)、4月の景気動向指数改定値など。また、IPOが3社予定され東証2部にドリームベッド<7791>、東証マザーズ市場にアイ・パートナーズフィナンシャル<7345>、アイドマ・ホールディングス<7373>、が新規上場する。海外では、6月のユーロ圏PMI速報値、6月の米製造業PMI、5月の米新築住宅販売件数など。

出所:MINKABU PRESS

日経平均