市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月20日版

日経平均株価は9月までに2万5000円以下を目指す公算
1. NYダウは3万2035ドル以下を目指していることを明確にした
  NYダウは、2020年3月以降に上昇を開始していますが、2020年9月3日~10月30日まで3056ドル幅の値幅の大きな調整を経過して、10月30日以降、新たな上昇の流れへ入っています。
 2020年10月30日以降の上昇が終息したと推測できる動きが表れるなら、その後は、2020年9月3日以降と同程度の値幅(3056ドル幅)の調整局面へ入っているという見方が有力になります。
 2021年は5月10日に戻り高値3万5091ドルをつけた後、1618ドル幅の下げを経過して、5月19日に3万3473ドルで押し目をつけています。
 2020年10月30日以降の値幅の伴った調整は、2021年1月21日~1月29日が1416ドル幅、2月24日~3月4日が1462ドル幅程度なので、5月19日の安値3万3473ドルがこれらと同程度の調整である可能性を残している状況でした。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均