市場ニュース

戻る

【材料】今日のIPO2社は初値形成後明暗分ける、ワンプラはS高、テンダはS安で引ける

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 きょう東証マザーズ市場に新規上場したワンダープラネット<4199>は、午前11時1分に公開価格2560円を1555円(60.7%)上回る4115円で初値をつけた。スマートフォン向けにアプリやゲームの企画・開発などを行い、「週刊少年ジャンプ」のキャラクターによる体感プチプチRPG「ジャンプチ ヒーローズ」や自社配信のブッ壊しポップRPG「クラッシュフィーバー」などの人気作を手掛けていることから初値形成後も買いを集め、午後に入りストップ高の4815円に上昇。高値では換金売りも出たが、後場終盤はS高カイ気配で推移した。

 一方、きょう東証ジャスダック・スタンダード市場に新規上場したテンダ<4198>は、午前1時9分に公開価格3250円の2.0倍に当たる6500円で初値をつけた。その後は換金売りが優勢となり、後場終盤にはストップ安の5500円に下落し、そのまま取引終了を迎えた。

出所:MINKABU PRESS

日経平均