市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は82円高、米CPI発表など前に模様眺めムード

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は82円高(14時20分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、テルモ<4543>、エムスリー<2413>などがプラス寄与上位となっており、一方、エーザイ<4523>、ソフトバンクG<9984>、KDDI<9433>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、精密機器、パルプ・紙、鉄鋼、医薬品が値上がり率上位、水産・農林業、建設業、鉱業、銀行業、非鉄金属が値下がり率上位となっている。

日経平均はやや方向感を欠く動きとなっている。今晩に発表される5月の米消費者物価指数(CPI)を見極めたいとして、模様眺めムードが強くなっているようだ。また、今晩は、欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表、ラガルドECB総裁の記者会見、5月の米財政収支発表なども予定されている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均