市場ニュース

戻る

【特集】「アウトドア」が19位にランク、3度目の緊急事態宣言で関心再燃<注目テーマ>

ABCマート <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 脱炭素
3 半導体製造装置
4 パワー半導体
5 半導体
6 NFT
7 水素
8 2021年のIPO
9 木材
10 再生可能エネルギー

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「アウトドア」が19位にランクインしている。

 政府が4月25日から5月11日までの間、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目となる「緊急事態宣言」を発出して以降、テーマとしての「アウトドア」への関心が再燃している。

 「3密」を避けるアウトドアは、コロナ禍で人気が高まったことの一つ。人混みを避けつつ、巣ごもりからの開放感を味わうには、山や川、海などのアウトドアが適しており、人気のキャンプ場では週末の予約が半年先まで埋まるほどだという。また、最近ではアウトドアの定番ともいえる釣りやバーベキューなどのほかに、簡易型のテントやテーブルなどで自宅において手軽に非日常空間を演出し、アウトドア気分を楽しむ「おうちキャンプ」の人気も広がっているという。これからはアウトドアに最適なシーズンに入ることからも、「アウトドア」への関心の高さは続きそうだ。

 この日の関連銘柄の動きでは、エービーシー・マート<2670>、ヒマラヤ<7514>、ゴールドウイン<8111>が堅調。月次動向が好調だったワークマン<7564>も高い。

出所:MINKABU PRESS

日経平均