市場ニュース

戻る

【材料】安川電の22年2月期は営業利益55%増で16円増配を予想

安川電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 安川電機<6506>がこの日の取引終了後、22年2月期の連結業績予想を発表しており、売上高4300億円(前期比10.3%増)、営業利益420億円(同54.5%増)、純利益317億円(同67.5%増)を見込む。また、年間配当は前期比16円増の40円を予定している。

 5GやAIの普及に伴う通信・産業の高度化を背景に、グローバルでの半導体や電子部品関連の需要拡大が見込まれることや、世界的なEV化の加速をはじめとする自動車関連需要の持ち直しなどにより、主力事業であるACサーボやロボットを中心に回復基調が鮮明化する見通し。なお、21年2月期決算は、売上高3897億1200万円(前の期比5.2%減)、営業利益271億8000万円(同12.3%増)、純利益189億2700万(同21.5%増)だった。

 あわせて、19年6月に発表した22年2月期を最終年度とする中期経営計画の見直しを発表した。従来は、22年2月期に売上高5400億円、営業利益700億円を目標としていたが、計画を1年延長して23年2月期に売上高4700億円、営業利益610億円を目指すとした。

出所:MINKABU PRESS

日経平均