市場ニュース

戻る

【材料】松田産業は急反発で年初来高値更新、貴金属取扱量拡大と市況高の恩恵

松田産業 <日足> 「株探」多機能チャートより
 松田産業<7456>が急反発、一時5%を超える上昇で2230円まで上値を伸ばし3月23日につけた年初来高値2185円をクリアした。電子部品スクラップから貴金属を回収する貴金属リサイクル事業を主力展開する。ここ金市況が底入れ反騰局面にあることで、同社の収益環境に追い風が意識される局面にある。同社の主要顧客であるエレクトロニクス業界は半導体産業を中心に生産活動が活発化しており、つれて貴金属リサイクルの取扱量も増加傾向をたどっている。21年3月期は営業利益段階で17%増益と2ケタ成長継続の見込み。株価はPERやPBRなど指標面からも割安で上値を見込んだ投資資金の攻勢に弾みがついてきた。

出所:MINKABU PRESS

日経平均