市場ニュース

戻る

【通貨】欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米FRBはハト派も回復期待は継続

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

8日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派姿勢を受け、ドルは下押しされる見通し。ただ、米国経済の先行きについて正常化への期待は継続し、ドルの下げは限定的となりそうだ。

前日の取引は米10年債利回りの低下によるドル売りの場面で、ユーロ・ドルは1.19ドル台前半に浮上し、ドル・円は109円半ばに下落。その後、米長期金利の持ち直しを受けユーロ・ドルは失速し、ドル・円は値を戻した。本日アジア市場では前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を消化する展開で、米長期金利は上値が重くドルは買いづらい展開に。ユーロ・ドルは1.18ドル台後半で底堅く推移し、ドル・円は110円を目指しながらも一段の上昇は抑制されている。

この後の海外市場では引き続き米金融政策が注目される。FOMC議事要旨によると、3月の会合では新型コロナウイルスの打撃で先行きは依然として「極めて不確実」との見解で一致したことがわかった。それにより資産買入れ規模の縮小(テーパリング)への思惑は後退し、米金利の上昇は抑制されそうだ。今晩の国際通貨基金(IMF)討論会でパウエルFRB議長はほぼ同じトーンの発言が見込まれ、ドルは下押しされよう。半面、米国経済の早期回復への期待感からドルは売りづらい面もある。

【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・3月建設業PMI(予想:55.0、2月:53.3)
・18:00 ユーロ圏・2月生産者物価指数(前年比予想:+1.3%、1月:0.0%)
・20:30 欧州中央銀行(ECB)3月理事会議事要旨
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:68.0万件、前回:71.9万件)
・24:00 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加(米経済と金融政策)
・01:00 パウエル米FRB議長IMFパネル討論会参加
・03:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁オンライン討論会参加(米経済見通し)

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均