市場ニュース

戻る

【材料】オオバが後場プラス圏に浮上、21年5月期業績見通しと配当の増額修正を好感

オオバ <日足> 「株探」多機能チャートより
 オオバ<9765>が後場プラス圏に浮上している。午後1時に、21年5月期の連結経常利益を従来予想の12億5000万円から13億5000万円(前期比14.7%増)へ上方修正すると発表しており、これが好感されている。

 建設コンサルタント業務の官庁受注と民間受注がともに順調に推移していることが上振れの背景。好調な業績を受けて、今期の年間配当を従来計画の14円から15円(前期は14円)に増額修正したことも材料視されている。なお、同時に発表した第3四半期累計(20年6月~21年2月)の同損益は4億5900万円の赤字(前年同期は3億9700円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均