市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 4月4日版

日経平均株価は勢いの強い上昇の流れへ入っている公算か
1.本年4月のNYダウは上げ余地があるなら上昇する場面
 2日に発表された3月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比91万6000人増と、大幅な増加となっていました。3月に巨額の経済対策が決まり、雇用が改善され、 NYダウは3月25日の安値が押し目になって、下値堅さを示した後、上昇を開始しています。
 そして、1990年から2020年までの期間で、陽線確率74.2%と上昇傾向の強い4月に入っているわけです。4月は、2006年から2020年までの期間で見れば、陽線確率100%となっています。
 何度も書いていることですが、6月から9月にかけて積極的な上昇の流れを作りにくく、上値を抑えられやすい傾向があることを考慮すれば、上値目標値へ到達する動きは、4月、または5月までの期間で表れると考えられます。
 NYダウは、昨年10月30日の安値から新たな上昇がスタートしています。この上昇が基準になる値動きである5つの波のパターンを形成していると見る場合、5波の終点をつけるまでに、値幅の伴った調整があと2回表れると考えられます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均