市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 3月7日版

NYダウ、日経平均とも、すぐに上値を抑えられるかで3月の展開がわかる
1. NYダウは3万1000ドル以下での下げ難さを確認した
  NYダウは3月5日の価格が反発したことで、3月4日の安値が押し目底になる可能性が出てきました。
 3月4日は下値を掘り下げた後、2月26日の安値3万0911ドルを維持する格好で反発して、下ヒゲの長い線をつけています。
 3月4日は3万0911ドルを割れた後、引けにかけて反発せず、そのまま下げる展開となった場合、上値、下値を切り下げるはっきりとした下降の流れを作り、下げが勢いづいて、下げ余地が十分にある状態であることを示す可能性のある日でした。そうならずに下ヒゲをつけて、3万0911ドルが多くの市場参加者に意識されている状態であることを示した動きは、現状での3万1000ドル以下の下げ難さを示しています。
 3月5日の上げは、3月4日に示した下げ難さを再確認できる上げの動きとなっています。
 3月4日の一段安には、もう1つの見方があります。
 1月21日から29日までの下げ幅は、1416ドル幅となっています。
 2月24日から26日までは、1098ドル幅となっていて、少し下げ足りていませんでした。
 3月4日は、1416ドル幅分の下げを経過する地点3万0593ドルの少し下となる3万0547ドルで押し目をつけて、反発しています。
 3月4日の一段安は、1月21日から3月4日が上値、下値を切り上げるパターンをきれいな格好で作る動きになっています。下げ足りていないと、もう一段安があるかもしれないと考えておきたくなるところですが、3月4日に一段安となったことで、その不安を解消しています。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均