市場ニュース

戻る

【特集】「地震速報」が24位にランク、東北沖で震度6強の地震発生で注目<注目テーマ>

WNIウェザ <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10

1 グローバルニッチ
2 旅行
3 半導体
4 アンモニア
5 仮想通貨
6 再生可能エネルギー
7 半導体製造装置
8 電気自動車関連
9 2020年のIPO
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「地震速報」関連が24位となっている。

 13日午後11時過ぎに福島・宮城で震度6強の地震が発生。東北沖を震源とする震度6強の地震が起こるのは2011年3月に発生した東日本大震災の翌月の4月以来、約10年ぶりのこととなった。今回の地震での被害は限られたが、これを受け市場では「地震速報」関連銘柄への関心が高まっている。

 ウェザーニューズ<4825>は地震チャンネルを持ち、地震速報を伝えている。富士通<6702>は地震速報システムを手掛けている。シンクレイヤ<1724>は、緊急地震速報など自然災害に対応するFM告知放送システムを開発しているほか、TOA<6809>は緊急地震速報音声報知システムを手掛ける。沖電気工業<6703>も高精度地震動予測装置を製造している。大和ハウス工業<1925>は緊急地震速報活用・IT自動防災システムの家庭内実証試験に参画するなどの実績を持っている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均